日本旅行を5回した中国人が語る、日本の発展ぶりに驚く点=中国メディア

日本旅行を5回した中国人が語る、日本の発展ぶりに驚く点=中国メディア

日本に5回ほど、毎回2週間程度滞在した経験があるという中国人は、日本で驚いた4つの点を強調した。それは・・・(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・今日頭条でこのほど、日本の発展ぶりに驚く点についての議論が繰り広げられた。あるネットユーザーは23日、4つの点について驚かされたとする文章を掲載した。

 文章の作者は、日本に5回ほど、毎回2週間程度滞在した経験があるとのことだ。まず1点めの驚かされた点として、日本人の時間に対する正確さを挙げた。「バスや鉄道はほとんど遅延しない」とするとともに、バスの運転手のマナーについても言及し「非常に礼儀正しい」と伝えた。

 2点めは、自動販売機の多さだという。「最も深い印象にのこったのは、福岡県にある小さな駅の改札を出ると、一面自動販売機からなる壁ができており、飲み物のほかにインスタント麺などが売られていた。それを見た時はちょっと震えた」としている。

 3点めは、日本の精密製造業を挙げている。「腕時計や建機、漁具など、どんなものにも日本の背後にある精密な製造機器のハイテクぶりが現れている」と説明した。

 そして、最後に挙げたのは「高度に発展したサービス業とサービス態度」である。「駅にはさまざまなサイズのコインロッカーがあり、お金を入れれば荷物を預けておける。そして、京都の観光センターには中国語ができるスタッフがいて、熱心に観光スケジュールを立てるのを手伝ってくれた。また、一部の老舗和菓子店では、店に入ると何かを買う買わないを問わず、まず、緑茶を出してもてなしてくれるのだ」と紹介している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)