日本の市販薬が中国人の心を捉えて離さない理由=中国メディア

日本の市販薬が中国人の心を捉えて離さない理由=中国メディア

中国人旅行客の間で人気が高い日本の医薬品は「希少価値の高い、高額な薬」などではなく、どこでも買うことができるような頭痛薬やかゆみ止めなどの市販薬であるという。(イメージ写真提供:123RF)

 中国人訪日客による爆買いはすでに減少傾向にあると言われるが、それでも繁華街のドラッグストアでは中国人旅行客が医薬品や健康食品などを大量に購入している姿を見ることができる。

 中国でも当然、医薬品を手軽に購入できるというのに、なぜわざわざ日本の医薬品を大量に購入するのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本で販売されている医薬品を見れば「日本の薬がいかに『人間本位』で作られているかが分かる」と伝えている。

 記事は、中国人旅行客の間で人気が高いのは「希少価値の高い、高額な薬」などではなく、どこでも買うことができるような頭痛薬やかゆみ止めなどの市販薬であることを紹介。中国のネット上では「日本を訪れたからには絶対に買いたい『神薬』のリスト」なども出回っていることを紹介し、神薬と呼ばれつつもそれらは目薬や絆創膏など、「やはりどこでも売っているようなものばかり」だと紹介した。

 続けて、中国人が日本で薬を買いたがる背後には「日本の医薬品は安全が確保されている」という安心感のほか、「人間本位」という服用する人の立場で考えられた配慮があると主張。たとえば中国では子ども用の風邪薬といっても大人のものと違いのないものが多いなか、日本ではパッケージに可愛いキャラクターが描かれていて、薬自体も甘く味付けしていて飲みやすくしているといった「配慮」があると強調した。

 さらに記事は、こうした配慮は日本では各医薬品に存在し、中国の消費者に「優れた使用体験」を提供していると紹介。医薬品の効果も優れているうえに、使う人の立場になって考えられた様々な配慮が中国人消費者の心を捉え、その結果として日本の医薬品は中国で人気となったのだと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)