日本人はさすが商売上手だ・・・動物を観光やビジネスにつなげるなんて=中国

日本人はさすが商売上手だ・・・動物を観光やビジネスにつなげるなんて=中国

日本にはたくさんの動物が暮らす島が各地にあり、観光地として人気を集めている。(イメージ写真提供:123RF)

 日本には数多くの猫が暮らす島が各地に存在する。こうした島は猫島と呼ばれ、近年の猫ブームもあって多くの観光客で賑わっているという。また、日本では猫だけでなく、うさぎや鹿など、たくさんの動物が暮らす島があって、それぞれが観光地となっている。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本にはたくさんの動物が暮らす島が各地にあり、観光地として人気を集めていることを伝え、島を観光地化するビジネスとして見た場合、「日本人はさすが上手である」と論じている。

 記事は、日本には猫やうさぎ、さらには鹿などの動物が大量に生息する島が各地にあることを紹介し、「動物好きの人にはたまらない島」であると紹介。猫でもうさぎでも1種類の動物だけが大量にいる光景はなかなか見れるものではないうえ、餌をあげようとすると大量の動物に囲まれるなど、日常ではとても味わえない貴重な体験ができる島ばかりだと紹介した。

 さらに、こうした島々は動物好きの人たちにとっては「天国」や「聖地」であり、実際に多くの観光客が押し寄せるなどビジネスに発展していることを強調し、「動物を利用して小さな島を観光地化し、ビジネスに繋げるとは、日本人はさすが商売上手だ」と主張。

 中国にも数多くの無人島があり、都市部には野良犬も多いと指摘し、「中国も日本を見習って、野良犬を集めた犬島を作ってはどうだろうか」と提案した。

 日本にある猫島やうさぎ島は誰かがビジネスにするために飼い始めたのではなく、持ち込まれた動物が繁殖した結果として猫島やうさぎ島になったとされている。一方、中国のネット上では「中国に猫島やうさぎ島が存在しないのは、猫やうさぎがいても誰かが食用として捕らえて食べてしまうため、大量に繁殖しないからではないか」という意見も見られる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)