これが日本だ! 写真から見て取れる「日本と中国の違い」=中国メディア

これが日本だ! 写真から見て取れる「日本と中国の違い」=中国メディア

日本は中国と違って生活のあらゆるところに配慮があり、しかも、細かいところまで抜かりがないと中国人には感じられるようだ。(イメージ写真提供:123RF)

 普段の生活で外国の様子を詳しく知ることは難しいことだ。中国では急激な経済発展に伴い、多くの人が外国の文化や商品に興味を抱くようになっている。近年、日本を訪れる中国人が増加傾向にあるのはその証拠だと言えるだろう。だが、13億人以上の人口を誇る中国から考えると、日本を訪れたことのある中国人は全体のごく一部に過ぎず、日本について知らない中国人は非常に大勢いるのが現状だ。

 中国メディアの今日頭条は1日、「日本人の真の姿」という記事を写真とともに掲載し、日本に興味を持っている中国人に対して日本を紹介している。まず記事は、地下鉄構内の天井からの水漏れが起こった際の対処の仕方を紹介している。天井をビニールで覆い、通行人に水が掛からないようにしているだけでなく、水漏れの真下にある点字ブロックに影響がないよう配慮がなされていることを紹介。中国では少しの水漏れであれば放置されていたり、点字ブロックなど関係なくバリケードが置かれているのが普通だ。

 続けて記事は、スーパーの肉類の販売コーナーの写真を掲載している。パックに入れられた肉には生産地が記載されていたり、肉の部位や用途まで記載されている。中国でも肉は市場やスーパーで販売されているが、市場の肉は冷蔵管理されることなく、塊で販売されていることが一般的だ。

 さらに、日本ではゴミを分別して捨てなければならないと紹介している。中国でも分別制度がないわけではないが、リサイクル可能なゴミとそれ以外の分別しかされていない。だが、マンションのゴミ置き場では資源を回収して生計を立てている人たちがいて、業者がゴミを回収する前に資源ごみだけを抜き去っていく。

 他にも記事は、「マンホールの蓋まで凝ったデザインになっている」ことなどを写真と共に紹介し、日本は中国と違って生活のあらゆるところに配慮があり、しかも、細かいところまで抜かりがないのだと強調した。これに対して中国のネットユーザーからは、「歴史的背景や政治的摩擦が無ければ日本が好きだ」といった複雑な感情を吐露する声や、「良い点は積極的に学ぶ必要がある」といった意見が寄せられていた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)