日本でこれをやると危ないぞ! 中国国内で何気なく見せる行為は「日本では犯罪の可能性も・・・」=中国

日本でこれをやると危ないぞ! 中国国内で何気なく見せる行為は「日本では犯罪の可能性も・・・」=中国

日本と中国では法律が違っているため、日本在住の中国人や中国人旅行客の何気ない行動も、実は日本では違法ということもあり得ると言えるだろう。(イメージ写真提供:123RF)

 国が変われば法律も違ってくるのはごく当たり前のことであるゆえ、海外で気軽な気持ちで取った行動が現地では実は法に触れる行動だったということは起こり得ることだ。

 日本と中国も法律は違っているため、日本在住の中国人や中国人旅行客の何気ない行動も、実は日本では違法ということもあり得ると言えるだろう。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人が中国国内で何気なく取る行動のなかには、「日本では時に違法になる行動もある」と伝え、注意を呼びかけている。

 まず記事が挙げたのは、「正当な理由なくハサミを持ち歩くこと」だ。確かに日本では刃渡りが大きいハサミや正当な理由のない所持は銃刀法で禁じられている。また、処方薬を他人に譲渡することも日本では場合によって違法となる可能性があることを強調したほか、個人が決闘を行うことも法律で明確に禁止されていると伝えた。中国では決闘とまではいかなくても、ケンカが街中で発生する頻度は日本より多いと言えるだろう。

 さらに、中国では日常的に見られる「列への割り込み」も日本では軽犯罪とされていることを紹介し、「もし中国で割り込みを犯罪にしたら、世界有数の犯罪大国になってしまうだろう」と論じた。

 また、中国では大気汚染が深刻なためか、ところ構わず痰を吐き捨てる人が大勢いるが、日本では痰を吐くこともルール違反であり、同時に軽犯罪に該当すると強調。中国と日本では法律が違うため、何気ない行動が日本では違法になることがあることに注意すべきだと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)