力説しても徒労に終わる「訪日経験のない中国人には信じられない日本の清潔さ」=中国

力説しても徒労に終わる「訪日経験のない中国人には信じられない日本の清潔さ」=中国

中国では街の清掃員が1日中、道路をホウキで掃除している姿を至る所で目にし、街を清潔に保つには相当の努力が必要だと感じているようだ。(イメージ写真提供:123RF)

 日本を訪れた中国人が特に驚きを感じることの1つに「日本の清潔さ」が挙げられる。事実、中国のネット上では「日本の街中ではゴミ箱がまったく見当たらないのに、ゴミが落ちていない」、「1日中歩き回っても、靴が汚れない」といった称賛の声が多く見られる。

 中国メディアの快資訊はこのほど、日本を訪れたことのない中国人には「日本がどれだけ清潔かを力説しても信じてもらえない」と伝えつつ、世界有数の清潔さを実現した日本人は「敬服せざるを得ない」と伝えている。

 記事はまず、「礼儀正しく、衛生的な国」といえば多くの中国人は日本を連想すると紹介しつつ、同じアジアの国なのになぜ日本は中国と違って街が清潔なのだろうかと疑問を投げかけた。

 これに対し、「衛生的であること」、「文明的であること」は多くの日本人にとってごく当たり前のことであり、だからこそ日本人はゴミをポイ捨てしたり、痰を吐き捨てたりといった「非文明的」な行為はせず、それゆえ街の清潔さが保たれ、安全な飲用水が確保され、澄んだ空気が現実のものとなるのではないかと考察した。

 たとえば、中国では街の清掃員が1日中、道路をホウキで掃除している姿を至る所で目にするが、記事は「日本は清掃員がいなくても清潔さを維持できている」と強調し、これは日本国民の1人ひとりが公衆衛生に配慮しているからこそだと指摘。そして、日本人は誰かに強制されなくても、自発的かつ自律的に行動することができるのだと主張、これが日本と中国の違いではないかと考察している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)