自転車に乗る日本の警察官は気の毒だ! 我が国の労働者より冷遇されている=中国

自転車に乗る日本の警察官は気の毒だ! 我が国の労働者より冷遇されている=中国

急速な経済発展を経験した中国では、自転車は貧しい人が乗るもので、その上がバイク、そして、自動車の順に経済力を測る傾向がある。したがって警察のように職権のあるものが、自転車でパトロールするなど、もってのほかだと思うのだろう。(イメージ写真提供:123RF)

 日本の公務員は非常に質素だという。国民の税金から給料が出ているという認識があるためか、無駄遣いはできないと意識しているのもあるだろう。この点、中国とはずいぶん違うようだ。

 中国メディアの快資訊は7日、「日本の警察官は冷遇されている」とする記事を掲載した。日本の警察官の仕事ぶりや交番の写真を掲載しながら、「我が国の労働者よりも待遇が悪い」と主張し、気の毒に感じているようだ。

 記事が掲載しているのは、日本の警察官が自転車でパトロールをしている様子や、制服を着たまま電車に乗っているところ、そして、各地の交番や駐在所の写真だ。記事はまず、「警官が自転車に乗っている」ことに同情し、日本の警察はバイクに乗ることもできず可哀そうだとしている。記事は、バイクに乗ることができるのは交通警察だけで、大きな問題が発生した場合にのみ、パトカーを出動させていると紹介した。

 これは日本の警察のことをよく知らずに偏った見方をしていると言わざるを得ない。しかし、ある意味中国人の感じ方をよく表しているとも言えるだろう。急速な経済発展を経験した中国では、自転車は貧しい人が乗るもので、その上がバイク、そして、自動車の順に経済力を測る傾向がある。したがって警察のように職権のあるものが、自転車でパトロールするなど、もってのほかだと思うのだろう。これと同じ理由で、記事の中国人筆者は日本の警察官が「電車に乗って移動し、しかも、空席に座らない」ことにも驚いている。

 記事は最後に、日本各地の交番と駐在所の写真を掲載。「小さくて粗末」な建物で、日本の警察官はどうしてこんなに冷遇されているのかと結んだ。どの写真も日本の日常で見かける光景であり、日本人からすると気の毒に思うような要素は特に見当たらないが、中国人にとってはやはり「メンツ」は何よりも重要なのだろう。

 最近では腐敗撲滅運動が進められていることもあって、公務員がぜいたくをすることに厳しくなってきたが、それでも日本と比べると中国の公務員は高給取りで、ぜいたくをしているのかもしれない。かわいそうという言葉の裏には、堅実な日本の警察官をうらやむ気持ちと、いくらかの優越感も含まれているのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)