日系車と中国車の「エンジン技術」、その差は「中国人が失望するレベル」=中国メディア

日系車と中国車の「エンジン技術」、その差は「中国人が失望するレベル」=中国メディア

中国メディアは、中国車が他の国のメーカーの車より劣る点として「エンジン」を取り上げ、エンジン性能を日系車と比較すると「がっかりしてしまうほどの差がある」と伝えた。(イメージ写真提供:123RF)

 中国の自動車市場はすでに世界最大の規模となっているが、この市場で中国メーカーはあまり存在感を示すことができていない。中国の消費者の多くは自動車に対して「自分のステータスを示すツール」という見方もしているため、中国車に乗っていたのでは「メンツが立たない」と考える消費者も多いのだ。

 ではなぜ中国人消費者は「中国車ではメンツが立たない」と考えるのだろうか。中国メディアの快資訊はこのほど、中国車が他の国のメーカーの車より劣る点として「エンジン」を取り上げ、エンジン性能を日系車と比較すると「がっかりしてしまうほどの差がある」と伝えている。

 自動車にとってエンジンは心臓部と呼ぶべき部品であり、エンジン性能が車の性能を左右することになるわけだが、記事は「エンジンが優れていれば燃費が良くなり、信頼性が高ければトラブルなく乗り続けることもできる」と指摘する一方、中国メーカーのエンジン技術と日系メーカーの技術には巨大な差があり、「その差を直視すれば中国人は失望する他ない」と論じた。

 続けて、日系車のエンジン性能は「ケチのつけようがない」と指摘し、中国人消費者が日系車を好んで購入するのも「致し方ない」と主張。日中関係が低迷しても、日系車の販売が低迷しないのはエンジンがそれだけ優れていて、燃費や信頼性に対する中国人消費者のニーズを満たせていることを示すと論じた。

 さらに記事は、中国人が日本製品のボイコットを行い、日系車も不買の対象とするためには「中国車のエンジン技術が日系車を越える必要がある」と主張する一方、それが実現できるのは相当長い時間が必要であり、到底難しいことであると指摘している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)