『ヒカルの碁』が中国で実写ドラマ化決定! 2019年夏に大手動画サイト「愛奇芸(iQiyi)」で放映

『ヒカルの碁』が中国で実写ドラマ化決定! 2019年夏に大手動画サイト「愛奇芸(iQiyi)」で放映

人気の囲碁漫画『ヒカルの碁』が、中国で実写ドラマとして制作されることが決まった。(写真は、中国版イメージポスター)

 1999年から2003年まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載されていた囲碁漫画『ヒカルの碁』(著者 原作:ほったゆみ、漫画:小畑健)が、世界で初めて中国で実写ドラマ化(タイトル『棋魂』)され、中国の大手動画サイト「愛奇芸(iQiyi)」で放映されることが決まった。5月18日に行われた愛奇芸の世界大会で発表された。出演者は未発表。

 実写ドラマを制作するのは、良質な作品作りで知られる中国の映像制作会社「厚海文化」(北京)。代表者は趙文竹で、プロデュースした代表作はドラマ「新三国」。監督は劉暢が決まっている。著作権マネージメントや知財コンサルティングを手掛けるAKATSUKI(東京都新宿区、代表:熊谷拓也)の仲介により、集英社と制作会社との間で、実写ドラマ化に関する契約を行った。

 愛奇芸は中国最大手の検索サイト百度の子会社で、今年3月にNASDAQに上場している。

 『ヒカルの碁』は単行本が全20巻(完全版)。累計発行部数は2500万部になる人気作品。第45回小学館漫画賞 、第7回手塚治虫文化賞新生賞を受賞している。

 監督の劉暢は、中国新世代の監督、「ネットドラマの優秀監督」といわれ、代表作はネットドラマの『最高の私たち』、映画の『はたち』など。人気作の『最高の私たち』は2016年に再生回数は20億回を突破。新浪微博(シナウェボー)では#最高の私たち#のコメント数が累計41億件を突破した。(写真は、中国版イメージポスター)

関連記事(外部サイト)