日本の観光バスはなぜ「中国と違って清潔なのか」=中国メディア

日本の観光バスはなぜ「中国と違って清潔なのか」=中国メディア

中国でバスは多くの人に利用されている移動手段で、都市部から離れるほどバスが主要な移動手段となり、辺鄙な場所にある町にもバスで行くことができる。ただ、車内外ともに清潔とは言い難いのが現状だ。(イメージ写真提供:123RF)

 日本を訪れる中国人観光客の目的は多様化している。それでも団体ツアーを利用して訪日する中国人が大半を占めており、団体ツアーでは大型バスで移動するのが一般的だが、そのなかで多くの中国人を驚かせているのが「大型バスの清潔さ」だという。中国メディアの快資訊は23日、「日本の観光バスがみなキレイな理由は、日本人ドライバーを見れば直ぐに分かる」と指摘する記事を掲載した。

 日本を観光する中国人にとっては団体ツアーの観光バスはもちろん、空港から定期的に出るシャトルバスや駅から旅館までの送迎バスなどを利用する機会は多いだろう。その際に中国人を驚かせるのはピカピカに磨き上げられたバスの車体と車内の清潔さだという。

 中国でバスは多くの人に利用されている移動手段で、都市部から離れるほどバスが主要な移動手段となり、辺鄙な場所にある町にもバスで行くことができる。また団体旅行で利用されるツアーバスもあるが、中国の場合は車内外ともに清潔とは言い難いのが現状だ。こうした状態なので、そもそも中国ではバスに清潔さや快適さを求めることはできない。

 記事は日本の観光バスのドライバーはバスが休憩で停車している時にバケツと雑巾を持ってタイヤのホイールを磨いていると写真と共に紹介し、「こうした努力があるからこそ、日本のバスはこんなにも清潔なのだ」と指摘した。

 もちろん会社の規定もあるのかもしれないが、日本のドライバーは車に対して愛着を持って、仕事の枠を超えて車を大切にしていると中国人の目に映ったようだ。中国でも身近な移動手段となっているバスが、より清潔で快適になるなら誰もが大歓迎だろうが、それにはドライバーの意識を変えることから始める必要があり、これには時間がかかりそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)