日本を訪れて思う・・・「日本は細部にこそ、学ぶべきことがある」=中国

日本を訪れて思う・・・「日本は細部にこそ、学ぶべきことがある」=中国

中国人旅行客にとって日本ではショッピングが人気となっているが、実際にはモノだけではなく、日本ならではの体験が出来るということも旅行先として人気を集める理由となっている。(イメージ写真提供:123RF)

 中国の都市部は今や高層ビルが林立し、ハード面では日本と同等、もしくはそれ以上の発展を遂げた。それゆえ、都市部に住む中国人が旅行で日本を訪れると、ビルの高さや道路の広さといった点では「中国の方が上」と感じるようだが、日本に滞在しているうちに「細かいところ」で中国は日本に及ばないと実感するらしい。

 中国メディアの網易はこのほど、中国人旅行客が日本を訪れると「日本社会は細部にこそ、学ぶべきことがある」と論じる記事を掲載し、経済成長を遂げて生活水準が向上している中国において、日本社会は参考にする価値があると主張している。

 記事が挙げているのは、日本人にとってはごく当たり前のことばかりだ。たとえば「整然と列に並んで待つ」という行為も日本人にとっては日常的なことであり、簡単なことなのだが、中国国内ではまだ浸透していない習慣と言える。それで日本では人びとが行列を作り、なおかつ通行人の邪魔にならないように整然と並んでいる光景を目にすると、自身たちの習慣を見直さざるを得ない心境になるようだ。

 また、日本では「交通ルールが守られている」ゆえに、「青信号で横断歩道を渡っていれば車両が必ず停車してくれるという体験ができる」と紹介した。これも中国との交通規則の違いから生じる部分もあるが、日本の運転手のマナーが良いという事実は本格的なモータリゼーションを迎えつつある中国にとって考えさせられる一面であるようだ。

 他には日本では「ありがとう、すみません」という言葉を頻繁に耳にするが、決して型にはまったものではなく笑顔で言われる言葉に、礼儀正しさが人々に浸透していると感じられるようだ。中国ではそれなりの高級な場所でなければ、笑顔まであるサービスは期待できないので、中国人からすると日本では身近な店でも店員が笑顔で挨拶をしてくれるというのは驚愕の出来事に感じられるという。中国人旅行客にとって日本ではショッピングが人気となっているが、実際にはモノだけではなく、日本ならではの体験が出来るということも旅行先として人気を集める理由となっている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)