日本人だって、お年寄りには席を譲る! でもその前に、考えるべきことがあるのだ!=中国メディア

日本人だって、お年寄りには席を譲る! でもその前に、考えるべきことがあるのだ!=中国メディア

中国人は、子どもとお年寄りをいたわることが民族の伝統的な美徳と常々考えている。中国メディアは、「日本ではくれぐれも性急にお年寄りに席を譲ってはいけない」と注意喚起した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・今日頭条は5月29日、「日本ではお年寄りに席を譲る前に、考えなければいけないことがある」とする記事を掲載した。

 記事は、「中国人は、子どもとお年寄りをいたわることが民族の伝統的な美徳と常々考えているが、日本ではくれぐれも性急にお年寄りに席を譲ってはいけない。日本では、中学生が電車で席を譲ろうとしたところ、お年寄りから『そんなに年寄りに見えるか』と叱られ、気まずくなって途中で下車するといったことが起きるという。では、どうして日本人は席を譲られるのを嫌がるのだろうか」とした。

 そのうえで、「実は日本では、席を譲らないということもお年寄りをリスペクトする表現の1つなのである」と説明。日本では小さいころから「他人に迷惑を掛けてはいけない」と教えられるが、他人に席を譲ってもらえば相手に迷惑を掛けることになるので、席を譲られたお年寄りは多少なりとも心の負担を感じることになるのだと解説した。

 また、「日本のお年寄りは、老けたことを認めない傾向がある。中国人はリタイヤ、お年寄りとして安らかに晩年を過ごそうとするが、日本人は生涯現役を貫き、可能な限り自活しようと考える。そのような考えの人がもし席を譲られれば、心穏やかでなくなるのは自然なことだ」としている。

 記事は、「席を譲らない」という行為は日本の若者とお年寄りの間における相互リスペクトの表れであると指摘。「それゆえ、日本旅行をする中国人観光客たちは、何の気なしに日本のお年寄りを『老人』扱いしてはいけない。もっとも、席を譲ることで怒鳴るような人はごく一部であり、大部分の人は席を譲られれば礼儀正しくお礼をしてくれるとは思うが」と結んだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)