日本企業が「長生き」である秘訣はどこにある?=中国メディア

日本企業が「長生き」である秘訣はどこにある?=中国メディア

中国には多くの民間企業が誕生する半面、多くの企業が廃業している。中国メディアは、日本の「長寿企業」に学べという記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・今日頭条はこのほど「日本企業が『長生き』できる秘訣」について紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、「日本でこれほど多くの『長寿企業』が出現する理由として第一に考えられるのは、揺らぐことのない企業理念だろう。多元化の発展戦略は多くの企業が成長後に選択する進路だが、もし、その中で核となる業務を捨ててしまえば、自ら退路を断つ苦境に立たされることになるのだ」とした。

 また、「2つ目もとても重要で、強い伝承意識と長期的な発展戦略計画を持っている点だ。日本企業の代々の経営者は、会社を大きくすることとともに、よりよい形で継承していくかを考えている。この強い願いがあるからこそ、多くの経営者は可能な限りリスクを避け、持続可能な発展を実現するのだ。それは保守的なように見えるが、時代の流れの中でしっかり地に足をつけて会社を守る核になる」と論じている。

 さらに、「すべての長寿企業の経営理念には共通点が1つある。それは、従業員、顧客、サプライヤー、地域社会との関係維持を非常に重視し、互いに絶対的な信頼関係を構築することだ。日本には、100年企業の背後には100年に及ぶ顧客との相互信頼があり、200年企業には200年の信頼関係があるという共通認識があるのだ」と説明した。

 記事は、「中国の市場経済が発展するにつれ、国内の多くの新興企業が世界のトップ企業ランキングを目指し、業務を急速に拡張している。しかし、そのなかで多くの企業が、自らの核となる業務を安定、維持させることを考えないでいる。中国と日本では経営環境が大きく異なるが、中国企業には、日本の『長寿企業』の優れた点から学ぶことができるのだ」と結んでいる。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)