日本では地震が発生したら「慌てて屋外に出ない」のが正しいらしい=中国メディア

日本では地震が発生したら「慌てて屋外に出ない」のが正しいらしい=中国メディア

地震発生時に日本では「慌てて外に飛び出してはいけない」といわれる。建物の耐震性が高いため、屋内で揺れが収まるのを待った方が安全だと考えられるためだ。この原則が中国にも当てはまるのだろうか?(イメージ写真提供:123RF)

 日本では地震が発生した際、慌てて屋外に飛び出してはいけないとされている。消防庁の防災マニュアルによれば、屋内にいた時に激しい揺れに襲われた場合は、「戸を開けて、出入り口の確保をする」一方で、「丈夫な机やテーブルなどの下にもぐり、頭を座布団などで保護して、揺れが収まるのを待つ」のが正しい対応だという。

 一方、中国では地震が起きた時は「屋外に逃げる」のが正しいと認識している人も多いようだ。命に関わることだけに、正しい対応が求められるが、「屋外に逃げる」のは果たして正しい行動なのだろうか。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国と違って日本では「地震発生時は屋外に慌てて逃げてはいけないとされている」と伝え、その理由について考察する記事を掲載した。

 記事は、日本では規模の大きな地震が発生しても、屋外に飛び出していく人はいないと伝え、日本人は地震が起きると、まずテレビや携帯電話などで正確な情報を把握しようとすると紹介。もし、揺れが激しい場合は、頭を枕などで保護しつつ、机の下などに潜って揺れが収まるのを待つのが、日本で正しいとされている対応だと論じた。

 続けて、日本で規模の大きい地震被害にあったことのある人や、地震体験館で地震を体験したことのある人ならば「規模の大きな地震の時は人間はまともに歩けなくなることを知っているはずだ」と紹介。また、地震の際は屋根などから物が落ちてくる可能性があることから、日本では地震発生時は屋内にいた方が安全とされていると指摘した。

 記事が指摘しているとおり、日本では地震発生時は慌てて外に飛び出てはいけないとされているが、この常識が中国でそのまま通用するかは不明だ。中国では今なおレンガ造りの建物が多く、大規模な地震が発生するたびに建物が崩壊し、瓦礫の下敷きになって死亡する人が少なからず存在する。日本の場合は「建物の耐震性が高い」という前提のもとで「地震発生時は慌てて外に飛び出てはいけない」と言われているのであって、レンガ造りの建物でも同様の対応が正しいとは言えない可能性があるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)