東京駅で新幹線のキップが買えない! 苛立つ中国人観光客の心を静めた、駅員の「笑顔」=中国メディア

東京駅で新幹線のキップが買えない! 苛立つ中国人観光客の心を静めた、駅員の「笑顔」=中国メディア

日本旅行にやってくる中国人は年々増えている。それは、日本の観光資源が豊富だというばかりではなく、日本人が観光客をもてなす態度が優れているためだと中国メディアは指摘する。たとえば、東京駅での駅員の対応にその事例があるという。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・今日頭条は9日、日本旅行中に遭遇した「日本が大好き」になるポイントとして、日本人の笑顔にまつわるエピソードを紹介する記事を掲載した。

 記事は、「東京のホテルから京都へ移動する際に、東京駅で列車を乗り換える必要があった。在来線から新幹線への乗り換えであり、在来線の改札を出る時にキップが回収されたのだが、その時にこんなことが起きた」としたうえで、エピソードを以下のように紹介している。

 日本の若い人の英語能力は決して高いわけではなく、東京でもそのように感じた。私は京都行きのキップを買う際、間違いがあってはいけないということで窓口へ行って購入した。すると窓口の若い男性から「東京(駅)まで来たキップを見せてください」と言われた。駅員の言う「東京」が駅ではなく都市全体のことだと思いこんでいた私は、相手のつたない英語もあって理解が追いつかなかった。

 ジェスチャーで「どうやって東京(駅)に来たのか」と聞いた駅員に対し、私は「飛行機で北京から東京に来た」と答える。駅員はその答えにしばし驚くも、笑顔を絶やすことなく「では、飛行機から降りたあとで、どうやって東京に来たのですか」と聞いてくる。この時、正直私は「どうやって東京に来ようが、あんたには関係ないだろ」と腹を立てていた。結局ジェスチャー交じりの会話では埒があかず、機転を利かせた駅員が別の駅員に先ほど回収された東京駅までのキップを探し出してもらい、そのきっぷをもとに京都行きの料金が計算されたのである。

 駅員とのやりとりは10分近くに及んだが、最初から最後まで彼は辛抱強く、にこやかに対応し続けてくれた。サービス意識が本当に素晴らしかった。中国国内で旅行していて、これほど辛抱強くしかも優しいスタッフにであることはとても少ないだろう。

 自らの誤解と、言語コミュニケーションがうまくとれないことから苛立ちを覚えた中国人観光客の心を静めたのは、駅員の親身な態度と「笑顔」だった。笑顔は単に作ればいいというものではなく、気を付けなければ相手を見下すような慇懃無礼な笑みになることもある。そう感じさせず、客に誠意を伝える笑顔ができる人と言うのは、やはりサービスのプロと称するべきだろう。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)