ファーウェイがフラッグシップスマホ「P20」をカスタマイズしてドコモから発売

ファーウェイがフラッグシップスマホ「P20」をカスタマイズしてドコモから発売

ファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョン プレジデントの呉波(ゴ・ハ)氏は、「2018年第1四半期のスマホの世界シェアは11.8%と第2位の米アップルとの差を詰めることができた」とし、新商品の発売で一段と差を詰めたいと語った。(写真は、ファーウェイ・ジャパン新製品発表会で。左が呉波氏、右は西山茉希さん)

 ファーウェイ・ジャパンは、スマートフォンの「Pシリーズ」の最新機種となるフラッグシップモデル「HUAWEI P20」を6月15日に発売する。SIMフリーモデルの市場想定売価は6万9800円。キャリア向けには同日からNTTドコモからおサイフケータイ機能などでカスタマイズした「P20 Pro」を発売する。6月11日に東京・新宿で新商品発表会を開催し、ファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョン プレジデントの呉波(ゴ・ハ)氏は、「2018年第1四半期のスマホの世界シェアは11.8%と第2位の米アップルとの差を詰めることができた。これは大規模なR&I投資によって先端の技術を搭載してきた結果だ。特に昨年11月に日本市場にも投入したAIスマートフォンは世界的に大変な人気になり、シェア拡大を後押しした。イノベーションで業界をリードして5G時代に一段と成長を遂げたい」と語った。

 ファーウェイが昨年6月に発表した「P10」は日本のアンドロイドスマホとしても、SIMフリー端末としてもNo.1のシェアを得た。この原動力になったのは、「P10」ユーザーの口コミによる利用体験の拡散。「P10でコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)も不要になった」という感想が、多くのユーザーを惹きつけたと紹介した。

 「P20」は、さらにカメラ機能を強化。ファーウェイの端末に採用されるライカ(Leica)と共同開発したダブルレンズと、プロカメラマンのノウハウを1億枚の写真から学習したAIプロセッサの技術が融合して「カメラに任せて撮影するだけでプロもカメラマンが撮ったような写真が撮れる」。実際に、「P20」での撮影を経験したプロカメラマンの内田ユキオ氏は、「ライカはカメラマンにとって聖域で、これほど持っていて楽しいカメラはない。P20は、ポケットに納まるライカといえる。P20のカメラを信じてたくさん写真を撮ってほしい」と絶賛した。

 また、約5.8インチの大画面縦長フルビューディスプレイ、薄さ約7.65mmで重さ165gの軽量ボディながら、ハイレゾ音源対応、3400mAhの大容量バッテリー、そして、30分間で約58%まで充電できる超急速充電などの機能を備えたハイエンドスマートフォンになっている。

 同じく、「P20」を体験したモデルの西山茉希さんは、「機械に強くない私でもボタンひとつで、いろんな場面でクッキリきれいな写真が撮れた。写真を撮るのが楽しくなる」と体験を語った。

 新商品としては、普及版として「HUAWEI P20 lite」をSIMフリーモデルで3万1980円で6月15日から発売。キャリアを通じては、ソフトバンク、KDDI、Y!mobile、UQコミュニケーションズから発売するとした。(写真は、ファーウェイ・ジャパン新製品発表会で。左がファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョン プレジデントの呉波氏、右は西山茉希さん)

関連記事(外部サイト)