中国サッカー代表はなぜダメなのか、それは岡田武史氏の言葉を聞けば分かる=中国

中国サッカー代表はなぜダメなのか、それは岡田武史氏の言葉を聞けば分かる=中国

日本のサッカー選手はサッカーというスポーツが好きだからプロになったというケースが多いものの、中国の場合は「お金を稼ぐためにプロになった」という選手が多く、サッカーが上手くなりたいという情熱に欠けるのが問題だ。(イメージ写真提供:123RF)

 近年、サッカー中国代表は低迷が続いており、ワールドカップへの出場も逃し続けている。中国は卓球は非常に強いのに、なぜサッカーでは結果を出すことができないのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国のサッカー界にとってワールドカップ出場は非常に遠い夢であると伝えつつ、中国のサッカー選手の欠点を指摘する記事を掲載した。

 記事は、サッカー中国代表では監督がたびたび変わるものの、結果を出すことができていないと指摘し、世界的に有名な監督が率いても「中国代表は勝つことができないのが現状だ」と指摘した。

 続けて、中国のサッカー選手に共通する欠点として、過去に中国スーパーリーグの杭州緑城で監督を務めた岡田武史氏の言葉を引用し、「中国のサッカー選手は夢を持っておらず、金儲けしか頭にない」と主張。日本のサッカー選手はサッカーというスポーツが好きだからプロになったというケースが多いものの、中国の場合は「お金を稼ぐためにプロになった」という選手が多く、サッカーが上手くなりたいという情熱に欠けるのが問題だと論じた。

 こうした情熱のなさは練習の態度としても現れ、練習の時間になる前から練習に励む選手は皆無で、練習時間が終わると誰もがすぐに帰ってしまい、居残りで練習する選手も皆無だと強調。つまり、中国のサッカー選手は「サッカーが好きだ」という気持ちもなく、心から上手くなりたいと願う選手もいないと強調、「中国ではサッカーに対する夢がなく、誰もが金儲けの手段としてしか見ていないのが問題だ」と指摘した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)