セネガルに2度追いついた日本代表に「絶対に諦めない強固な信念」を見た=中国メディア

セネガルに2度追いついた日本代表に「絶対に諦めない強固な信念」を見た=中国メディア

サッカー日本代表はW杯ロシア大会2戦目でセネガルと対戦し、2ー2で引き分けた。スピードや強さといった身体能力で劣るなか、日本代表は「優れたパス」から分かるとおり、組織として戦い、結果を出したと中国メディアが称賛した。(イメージ写真提供:123RF)

 サッカー日本代表は24日、ワールドカップロシア大会2戦目でセネガルと対戦し、2ー2で引き分けた。試合は日本が2度リードされて、2度追いつくという展開となった。

 中国メディアの中国新聞社は25日、日本代表はセネガル戦で先制点を奪われ、追いついた後も突き放されるゴールを決められるなど「常に追いかける展開」だったにも関わらず、それでもしっかりと引き分けに持ち込んだことは称賛に値すると伝えつつ、「日本代表の強さはどこにあるのだろうか」と疑問を投げかけている。

 記事は、日本代表が今大会で見せているパフォーマンスは「非常に素晴らしい」と称賛しつつ、同じアジアの国でありながら中国代表とはまったく違うことに「なぜ日本代表は強いのか」という疑問を感じざるを得ないと主張。特にセネガル戦ではスピードや強さといった身体能力で劣るなか、日本代表は「優れたパス」から分かるとおり、組織として戦い、結果を出したと称賛した。

 さらに、日本はワールドカップ南アフリカ大会でもカメルーンを1−0で破り、さらに、デンマークを3−1で撃破していると伝え、当時の優れたパスで相手を手玉に取ったと紹介。そして、今大会のセネガル戦でも日本は冷静に自分たちの強みであるパスを回し、リズムを作り、ディフェンスの穴をついて得点するという巧みな戦術を見せたと伝え、「セネガル戦で引き分けたことで、日本はベスト16進出が見えてきた」と指摘した。

 また、初戦のコロンビア戦は試合開始早々に相手が1人退場するという幸運があったが、セネガル戦は先制を許し、その後1度追いつくも突き放されるという苦しい展開だったとし、「それでも日本がドローに持ち込むことができたのは、絶対に諦めない強固な信念があったからこそだ」と強調した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)