やるせなさ半端ないって・・・W杯取材の中国人記者「ロシアの行く先々で日本語であいさつされる」

やるせなさ半端ないって・・・W杯取材の中国人記者「ロシアの行く先々で日本語であいさつされる」

サッカーW杯ロシア大会で現地取材をしている中国人記者が、ロシアの街で、すれ違うロシア市民や外国サポーターがにこやかに『こんにちは』と話しかけられ、自国の代表が本大会に出場していない悲哀を味わっているという。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・新浪体育は24日、サッカー・ワールドカップロシア大会で現地取材をしている中国人記者が、現地の人から日本人に間違えられる「苦悩」を味わっていると報じた。

 記者は24日、日本―セネガル戦が行われたエカテリンブルクの街の様子を紹介。「朝から、ブルーのユニフォームを着てばっちりメイクをした日本のサポーターが街を行くのを見かけた。彼らは至るところで記念撮影をし、ガイドの説明に耳を傾けていた。そして、4万人が収容できるスタジアムは日本のサポーターでほぼ包囲されていた」と伝えた。

 そして、「彼らはサッカーを観戦しに来るとともに、自国の文化も現地に持ち込んだ。サポーターは国の広告塔であるとともに、国の文化を伝える存在でもある。スタジアムが近くなればなるほど、欧州人が日本のサポーターと記念撮影し、スマホの翻訳アプリを使いながら日本語、ロシア語、英語を交えて相互交流しているのを数多く見かけた」としている。

 また、日本のサポーターと交流するなど日本の雰囲気に触れた一部の欧州人が、自分や自分の子どもの額に日の丸と「必勝」の文字が書かれたハチマキをしているのを見かけたほか、試合を見に行かない子どもたちさえ「日本」と書かれたハチマキを身に着けていたと紹介している。

 記事はさらに、「ロシアの街で、すれ違うロシア市民や外国サポーターがしばしばにこやかに『こんにちは』と話し掛けてきた。そのたび、私は仕方なくロシア語で『私は中国人』と答えるのだ」と伝えた。

 記者の「苦悩」は言うまでもなく、中国代表がW杯に出場していないことに起因するもの。「こんにちは」と日本語であいさつされるたびに、「中国代表よ、頼むからW杯に出られるようになってくれ」との思いを強くしたに違いない。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)