中国人だってごみ拾いしてるのに! 日本人ばかり称賛されて悔しい=中国メディア

中国人だってごみ拾いしてるのに! 日本人ばかり称賛されて悔しい=中国メディア

中国メディアは、サッカーW杯で中国のサポーターだって試合後のごみ拾いを行っているのに、評価されるのは日本のサポーターばかりだと悔しさをにじませる記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 連日熱戦が繰り広げられているサッカーワールドカップ(W杯)のロシア大会では、日本のサポーターが試合後に行ったごみ拾いが世界中で称賛されている。日本のサポーターにとって試合後のごみ拾いは過去の大会でも行っていることでもあり、こうした積み重ねが評価につながっていると言えるだろう。

 中国でも近年は日本のサポーターを見習い、試合後のごみ拾いが見られるようになっているようだが、中国メディアの快資訊はこのほど、中国のサポーターだってごみ拾いを行っているのに、評価されるのは日本のサポーターばかりだと悔しさをにじませる記事を掲載した。

 W杯は4年に1度の世界的なイベントだけあって、注目の度合いも非常に高い。そしてピッチ上の戦いだけでなく、スタジアムに詰めかけるサポーターたちの振る舞いにも注目が集まるものだ。記事は、日本のサポーターたちが試合後にスタジアムのゴミ拾いを行ったことは世界的に評価され、もちろん中国国内のメディアも諸手を挙げて称賛したと紹介した。

 また、中国ネット上では「さすが民度の高い日本人」、「海外に出ると恥をさらしてばかりの中国人サポーターとは違う」といった声があがったと紹介する一方、実際には過去のW杯でごみ拾いを行った中国人もいると主張。

 それなのに中国人の行為は無視され、日本人ばかりが称賛されるのは納得がいかないと伝え、「なぜ日本人はW杯が開催されるたびに称賛されるのに、中国人は評価されないのか」と伝え、日本人サポーターばかりが称賛されている現状に不満を示している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)