え? 日本は都市部より農村部の方が豊かな暮らしができるって?=中国

え? 日本は都市部より農村部の方が豊かな暮らしができるって?=中国

中国では農村の生活は貧しく、都市部は富裕層が集まり、人びとは豊かで生活水準も高いというのが一般的な認識である。(イメージ写真提供:123RF)

 急激な経済成長が進む中国では個人間の経済格差だけでなく、沿岸の都市部と内陸の農村部でも経済格差が存在する。中国メディアの快資訊はこのほど、「日本では農村部と都市部の生活に大きな経済格差は見られないどころか、地方に住む人のほうが豊かな生活をしているケースもある」と指摘する記事を掲載した。

 中国では「農村の生活は貧しく、都市部は富裕層が集まり、人びとは豊かで生活水準も高い」というのが一般的な認識であることを指摘する一方で、日本は決して同じではないと指摘。そして、1970年代における日本の高度経済成長期を振り返り、都市部での労働力のニーズが高まったものの「政府が農業人口の流失を懸念して優遇政策を打ち出し、農業の補助を積極的に行うようになったことで、中国のような経済格差は生じなかったと説明した。

 中国では「農民工」と呼ばれる農村出身の出稼ぎ労働者が都市部に流出し、農村の過疎化が進むという状況が見られているが、日本では農村部でも例外なく電気、水道、ガスといった生活インフラが整備されているので、都市部と比較すると、「むしろ農村の方が自然環境が良く、土地があり、豊かな生活が送れる」と主張した。

 また、子どもたちの教育面でも、「たとえ10人程の生徒しかいなくても小学校には体育館、プール、図書館、科学実験室などの施設があり、高い水準の教育が受けられる」と紹介。社会福祉の点でも地域の格差はなく、日本では都市部と農村部の格差は「中国のように大きくなく、むしろ、農村部の方が豊かな暮らしができる」と驚きを示した。

 中国の農村部では環境においても各種インフラにおいても、都市部との差は依然として大きい。それゆえ日本の農村部の生活は中国人の概念を大きく覆し、驚きを与えたようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)