たとえ日本であっても「お土産を買うときに注意しなければならないこと」=中国

たとえ日本であっても「お土産を買うときに注意しなければならないこと」=中国

中国人が日本へ旅行するとなるとやはり「買い物」は重要で、周囲の人からも「買ってきてほしい」と具体的に頼まれる品もあるという。(イメージ写真提供:123RF)

 中国の学生たちはまもなく2カ月間の夏休みに入り、休暇中に旅行を計画する家族も多いようだ。だが、中国人にとって国外を訪れ、お土産を買う際には気をつけなければならない点があるという。中国メディアの快資訊は25日、日本へ旅行したある中国人のお土産にまつわる気まずいエピソードを記事に掲載した。

 思い出の品としてお土産を買うのも旅行の楽しみの1つだが、中国人が日本へ旅行するとなるとやはり「買い物」は重要で、周囲の人からも「買ってきてほしい」と具体的に頼まれる品もあるという。この中国人も前もってコスメやフェイスパック、電化製品などを頼まれていたようだが、他の親戚や友人に日本のお土産を買うためにいろいろと頭を悩ませたようだ。

 中国人は旅行好きで、しかも買い物好きでもあるのだが、これは自分のためだけでなく友人や親戚にまでお土産を買う習慣があるためで、それゆえ買い物をする「量」が多くなる。しかし、何を買えば良いのか決まらないのも悩みの種で、この中国人は「傘」なら男女関係なく送ることが出来ると思い付き、何本か購入することにしたという。実際に手に取った傘は品質が高く、「さすが日本のものは優れている」と思ったそうだ。

 こうして自分では満足する買い物ができたという中国人は帰国後に早速お土産を渡した。最初は皆が「日本のお土産」に喜んだというが、後から傘が「Made in China」であることを知り、「中国に住む中国人に、中国産の傘を日本土産として渡してしまった」ということに気まずくなってしまったという。

 中国人が海外でお土産を買う際には「せっかく海外にいるのだから、できるだけ中国製を避けたい」と考えるのは理解できるが、中国は今なお世界の工場として、世界各国に製品を輸出している。それだけに今回の中国人のように中国製品をお土産として中国人に渡してしまうというケースは多いようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)