日本の建設工事は「スピードが遅い」と思っていた中国人、完成後に「敬服せざるを得ない」と思った理由=中国

日本の建設工事は「スピードが遅い」と思っていた中国人、完成後に「敬服せざるを得ない」と思った理由=中国

中国人からすると、日本で行われている各種工事は「ずいぶん遅い」と感じられるようだが、完成後の出来栄えを見ると「感嘆せざるを得ない」気持ちになるという。(イメージ写真提供:123RF)

 中国の建設工事はスピードが非常に速い。建物でも道路でもあっという間に完成してしまう。工事の質に問題がないのかどうかは別として、スピードは間違いなく日本の工事より速いと言えるだろう。

 それゆえ中国人からすると、日本で行われている各種工事は「ずいぶん遅い」と感じられるようだが、完成後の出来栄えを見ると「感嘆せざるを得ない」気持ちになるという。中国メディアの捜狐は1日、日本国内のどこでも見られるような「道路補修」の工事現場の写真を掲載し、「日本の工事は進ちょくこそ遅いものの、完成後に驚かされる」と伝えている。

 記事は、中国の道路事情について「水が流れていくようにスムーズに車を走らせることができる道路もあれば、タイヤが騒音を上げるようなでこぼこ道も多い」と紹介。また、道路補修を行った場所は他の道路で平坦になっていなかったり、適当にアスファルトやコンクリートで穴を埋めたりしてヒビや割れが生じている場所が多く、中国ではこうした状況が普通だと論じた。

 一方、日本でももちろん道路補修は行われているが、中国とまったく違うのは「日本では補修後の道路が平坦になっていて、ヒビや割れも見られず、丁寧に仕事をしたことが一目でわかることだ」と強調。また、工事現場では作業員が一様に同じ作業着を着て、真剣に仕事をしていると紹介し、道路を掘るにしてもどれくらいの深さまで掘るのか、舗装するにしてもどれくらいの厚さでアスファルトを敷き詰めるのかなどがしっかりと決められているのだと紹介した。

 それゆえ、日本の工事は進ちょくこそ遅く感じられるが、出来栄えは中国のものと圧倒的に違うと伝え、道路補修であれば「日本では補修された箇所は『色』が違っているだけで、それ以外は他の道路とまったく違いがなく、当然歪みや傾き、凹凸もない」と指摘。それゆえ中国人は日本で工事完成後の出来栄えを見ると「敬服せざるを得ない気持ちになる」のだと伝えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)