日本はなぜ外国人に人気があるのか「外国人の目に映る日本の魅力とは」=中国

日本はなぜ外国人に人気があるのか「外国人の目に映る日本の魅力とは」=中国

日本を訪れる外国人が年々増えているが、その理由について中国メディアが考察した。(イメージ写真提供:123RF)

 近年、日本を訪れる外国人が増えている。欧米からも多くの旅行客が訪日するようになった。中国メディアの捜狐は1日、日本はなぜ外国人の間で人気があるのかと疑問を投げかけ、外国人の目に映る日本の魅力を考察している。

 記事はまず、外国人にとっての日本の魅力として「美食の天国」であることを挙げ、寿司や懐石料理のような本格的な和食のみならず、カレーライスやラーメン、たこ焼きやたい焼きなど、美味しい料理や軽食が非常に豊富であることを指摘。それゆえ日本を訪れた外国人は「日本は美味しいものが多すぎる」と感想を述べ、「一生かかっても食べきれないほど」日本には美食が存在すると紹介した。

 また、治安の良さも日本の魅力であると伝え、日本の人口に対する殺人事件発生件数は世界有数の少なさであると指摘。どこを歩いていてもスリにあったり、犯罪に巻き込まれたりする心配がないことは、土地の習慣や文化を知らない外国人旅行客にとって重要なことなのは間違いない。

 さらに、日本の清潔さも紛れもない魅力の1つだと強調。日本に住んでいるとあまり実感しないかもしれないが、ゴミが散乱していたり、不快な臭いが漂うような場所はほとんどなく、公衆トイレも清潔で、気持ちよく使えるというのは世界的に見ても高く評価されるべきものだ。記事は「初めて日本を訪れた中国人は日本の清潔さに感動すら覚える」と伝えている。

 また記事は、日本の社会秩序も魅力の1つだと指摘。日本人はどこでも静かに列に並び、信号が赤であれば車が来ていなくても歩行者は信号を守り続けると指摘。確かに中国では信号無視は当たり前で、路上ではクラクションが鳴り響き、列に並んでいても無理な割り込みも日常茶飯事だ。日本では「無秩序」と表現すべき場所はほとんどないため、外国人はその秩序立った社会に驚くのだと強調している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)