日本代表のベルギー戦に「日本人はやはり恐ろしい」、「生まれて初めて日本に尊敬の気持ちを・・・」=中国

日本代表のベルギー戦に「日本人はやはり恐ろしい」、「生まれて初めて日本に尊敬の気持ちを・・・」=中国

アジアからの出場国のなかで唯一決勝トーナメントに進出し、優勝候補であるベルギーをあと一歩まで追い詰めた日本代表について中国のSNSなどでは、「生まれて初めて日本に尊敬の気持ちを抱き、日本の敗戦を悲しく思った」など称賛する声があふれた。(イメージ写真提供:123RF)

 サッカー日本代表はロシアワールドカップの決勝トーナメント1回戦で強豪ベルギーに惜敗した。しかし、ベルギーを追い詰めた日本の戦いぶりは世界各国で高く評価され、中国でも称賛の声が高まっている。

 中国メディアの新浪は3日、日本代表は世界の強豪国であるベルギーに対し、一時は2点もリードしたと伝え、中国で日本代表のパフォーマンスを称賛する声が上がっていることを紹介すると同時に、「日本人はやはり恐ろしい」と伝える記事を掲載した。

 日本代表は後半に3点を奪われ、逆転負けを喫してしまったが、FIFAランキング3位の強豪を追い詰めた日本に対する評価は高いものがある。記事は今大会はロスタイムまで目が離せない大会となっていると伝えつつ、日本代表も試合終了間際にカウンターから失点し、そのまま試合終了となってしまった劇的な展開だったことを紹介。

 試合終了後、日本代表の選手たちがピッチに倒れこみ、涙を流しながら悔しさを示した選手が複数いたことを伝えつつ、日本代表の戦いぶりや選手たちの姿勢が中国人の心を打ったことを紹介。

 試合終了後から朝方にかけ、中国の簡易投稿サイト・微博(ウェイボー)では「日本代表は惜しくも敗れたが、尊敬に値するチームだ」、「日本代表の技術力はもはや世界レベルだ。ただ身体能力の差だけが勝負を分けた」、「生まれて初めて日本に尊敬の気持ちを抱き、日本の敗戦を悲しく思った」といった声が続々と寄せられたと紹介した。

 アジアからの出場国のなかで唯一決勝トーナメントに進出し、優勝候補であるベルギーをあと一歩まで追い詰めた日本代表。記事は「日本人はやはり恐ろしい」と表現し、その戦いぶりを称えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)