日本人には感情がないのか? なぜ日本では「喧嘩」する人を見ないのか=中国

日本人には感情がないのか? なぜ日本では「喧嘩」する人を見ないのか=中国

人口密度が高い東京ですら、日本人のケンカがほとんど起きないことが中国人には不思議に思えるようだ。(イメージ写真提供:123RF)

 訪日した中国人が日本で驚くことに清潔さが挙げられるが、実際には中国人が驚きを示すのはそれだけではない。どれだけ日本滞在が長くなっても「街中でケンカをする日本人」を見かけないという点も驚きのようだ。

 中国メディアの快資訊はこのほど、「すみません」が口癖になっている日本人は、ほとんど喧嘩などしないと伝え、日本で長く暮らす外国人ですら「街中で顔を真っ赤にして激怒する日本人は見たことがない」と口にするほどだと伝えている。

 記事は、日本人は公共の場ではルールと秩序を守ることを大切にしていると伝え、人口密度が高い東京ですらケンカはほとんど起きないと紹介。非常に混雑する地下鉄などでも日本人は他人にぶつかると、ぶつかった方もぶつかられた方もお互いに頭を下げ、お互いに謝るほどだと紹介した。

 続けて、日本が街中で喧嘩しないのは「世間の目」があるためだと紹介。中国語でも「世間」という単語は存在するが、「この世で」という意味合いの中国語に対し、日本では「自分が所属する社会的集団」という意味合いで使用されるとし、この世間の目と世間体を気にするからこそ日本人は公共の場で喧嘩をしないのだと論じた。

 続けて、日本人にとって「世間」とは見えない牢獄のようなもので、日本人は自分が所属する集団から排除されたり、無視されたりすることを恐れる傾向があると強調。それゆえ何にも縛られずに振る舞える中国人に対して、日本人は羨望の気持ちすら持っていると主張している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)