安全面が不安で、気持ち悪いと思ってた生たまご、「すき焼き」で食べたら美味だった=中国

安全面が不安で、気持ち悪いと思ってた生たまご、「すき焼き」で食べたら美味だった=中国

中国では食中毒の危険から、卵は熱をしっかり通さなければならないというのは常識になっている。(イメージ写真提供:123RF)

 中国人には理解できない日本人の食習慣というと、生たまごを食べることは欠かせないだろう。中国では生たまごを食べる習慣がほとんどないため、中国人には奇異に映るようだ。中国メディアの快資訊は8日、「日本人は生たまごを食べる習慣があるが、衛生面は問題ないのか」と題する記事を掲載した。

 中国人が心配するのも無理はない。中国では食中毒の危険から、卵は熱をしっかり通さなければならないというのは常識になっているからだ。この記事の中国人筆者は、日本のドラマを見ていて、卵かけご飯のシーンがどうしても気になったようで、卵は生で食べても大丈夫なのか、そもそもおいしいものなのか考察している。

 記事はまず、日本のたまごについて、1つずつ数字がふってあることに着目。賞味期限が卵の殻に印字されていることだと思われるが、日本では衛生管理が厳しく、法に則って消毒・検査を経て市場に出回るので安心だとした。中国では普通、洗浄もされずに販売されているものも多いため菌が付着している可能性がずっと高いと言えるだろう。日本では、最終的な検査はもちろん、鶏の健康や飼育環境の安全まで確保するのが一般的になっている。

 では、中国人に理解されにくい「おいしさ」についてはどうだろう。中国人の筆者は、すき焼きを食べたことがあるが、生たまごが思いがけなくおいしかったと紹介している。食べる前は、火を通した牛肉に生たまごを絡めたら生臭くなってしまうのではないかと思ったそうだが、むしろ甘みを感じ、牛肉の味がより引き立ち、口当たりも良くなったと振り返っている。また、生たまごをからめたおかげで熱々の牛肉の温度がほどよくなり、やけどせずに済んだとしている。生たまごを使う日本のすき焼きは、中国のゴマ味の鍋や四川の激辛鍋と比べても、また別の味わいで引けを取らないおいしさだと称賛した。

 中国人には、安全面に不安があり気持ちが悪いと思われがちな日本の生たまごだが、試してみれば好きになるかもしれない。ただ、衛生面を考えると日本で試してみるのをおすすめしたいところだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)