中国人が「敬服させられる」、「恐ろしい」と感じる日本人の気質とは?=中国メディア

中国人が「敬服させられる」、「恐ろしい」と感じる日本人の気質とは?=中国メディア

中国では「1人だけで行動すれば龍ともなる中国人は3人集まると虫けらになるが、1人では虫けらのような日本人は3人集まると龍になる」という言葉がある。(イメージ写真提供:123RF)

 日本人と中国人の国民性は大きく違っている。中国人から見た場合、日本人の「細部にまでこだわる気質」などは「敬服させられる」あるいは「恐ろしい」とすら感じられるようだ。

 中国メディアの知乎はこのほど、中国人ネットユーザーの見解として「恐ろしいと感じさせられる日本人の気質」について論じる記事を掲載した。

 記事はまず、「日本人ならではの気質」として、「何事も秩序正しく、整然とすること」を挙げ、日本の街中で見られる「列に並ぶ行為」や「整理整頓」を行う習慣は中国人にはないものだと主張。日本の空港では団体旅行客のスーツケースも整然と並べたうえで置かれ、スーパーやコンビニの陳列棚には商品が一糸乱れぬ形で並んでいると伝え、こうした細部へのこだわりは中国人から見ると「恐ろしい」と感じられると伝えた。

 さらに、「協調性があって、集団行動が得意」であることも日本人ならではであり、「敬服させられる」点だと主張。中国ではしばしば「1人だけで行動すれば龍ともなる中国人は3人集まると虫けらになるが、1人では虫けらのような日本人は3人集まると龍になる」という言葉を耳にするが、記事は「組織や集団で行動してこそ日本人の強さが発揮される」と主張。集団で目的に向かって行動することが得意である点はやはり中国人からすると驚異に映ると伝えた。

 そのほか記事は、日本では「物を落としても、手元に返ってくる可能性が非常に高いこと」、「誰もが自発的にルールを守り、中国で日常的に見られる信号無視や違法駐車がほとんど見られないこと」などを挙げ、日本人が中国人にはない気質を持つのは事実であり、こうした美点は「恐ろしいと感じさせられる」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)