相次ぐ日本企業の不祥事、中国人「日本製品は今後も信頼して良いの?」=中国メディア

相次ぐ日本企業の不祥事、中国人「日本製品は今後も信頼して良いの?」=中国メディア

中国人は往往にして「細部まで手を抜かない日本人の仕事ぶりは真面目そのもの」と評価してきたと伝える一方、相次ぐ不祥事によってこうした評価に変化が生じている。(イメージ写真提供:123RF)

 日本では近年、大手企業のデータ改ざんや品質検査の手抜きといった問題が頻発しており、中国で定着していた「日本製品=高品質」というイメージが大きく揺らぎつつある。

 中国メディアの捜狐はこのほど、中国人は往往にして「細部まで手を抜かない日本人の仕事ぶりは真面目そのもの」と評価してきたと伝える一方、相次ぐ不祥事によってこうした評価に変化が生じていることを伝えた。

 記事は、最近の日本では中国でも事業を展開し、中国人にも広く知られた大手自動車メーカーのデータ改ざんや検査の手抜きといった問題が多発していると伝え、「日本の大手自動車メーカーは最近、頭を下げて謝罪してばかり」だと主張した。

 さらに、日本製品のなかには品質の高いものがあることは事実だと指摘する一方、「1つの製品だけで日本製品全体の品質が高いと思い込むことは危険である」と伝えつつ、少なくとも最近の日本の大手企業の不祥事を見ていると「信用できないものが多いのではないか」と不安を吐露した。

 また記事は、自社製品に問題が発覚したのは自動車メーカーばかりではなく、原料や素材を提供する産業の根幹を担う企業でもデータ改ざんなどが発覚していると指摘。これまで多くの中国人消費者は日本製品の品質に絶大なる信頼を寄せてきたが、果たして今後も信頼して良いのだろうかと疑問を投げかけている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)