日本人が「中国はアジアで一番安全な国だ」と言っている! それは本当なのか?=中国メディア 

日本人が「中国はアジアで一番安全な国だ」と言っている! それは本当なのか?=中国メディア 

中国にやって来た外国人の大部分は、中国に対して『安全だ』と評価を下すようだ。中国メディアは、「中国を訪れる外国人はみな、中国の都市における社会環境の安定ぶりを感じている」と伝えた。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は14日、「日本人が、中国はアジアで最も安全な国だと言っている」とする記事を掲載した。

 記事は、「世界的な地位が高まるにつれて、多くの外国人が旅行や仕事で中国を訪れるようになった。そして、中国にやって来た外国人の大部分は、中国に対して『安全だ』と評価を下す。みんな中国の都市における社会環境の安定ぶりを感じているようだが、日本人でさえもが中国をアジアで一番安全な国だと言っているのだ」とした。

 そして、ある日本人が「初めて中国にやって来る前には怖さがあった。しかし、実際に来てみるとそのような憂慮は全く無用だと感じた。中国には善良な人がとても多く、緊急事態が起きた時には心ある人が助けてくれる。このような光景は、他の国ではなかなか見られない」と語ったことを紹介している。

 また、別の日本人も「確かに中国はアジアで最も安全な国だ。人身の安全が保たれるばかりでなく、外国人に対して非常に友好的であり、やってきた国によって差別をすることなく、みな客人としてもなてなしてくれる。訪れる者にとっては、まるで親戚の家に行くかのような感じだ。一度行ったら、また訪れたくなる」と中国の安全ぶりについて評していることを伝えた。

 記事は最後に「わが国はどれほど安全なのか。日本人の話を聞いて、わが国は安全面で確かに他国よりもいいのかもしれないと感じた」と結んでいる。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)