日本人が秩序を大切にする背後には「こんな理由があった」=中国

日本人が秩序を大切にする背後には「こんな理由があった」=中国

中国では「自分にトラブルが起きないよう配慮」するという考え方はあっても、日本人のように「他人に迷惑をかけない」という考え方はないという。(イメージ写真提供:123RF)

 日本は「周囲への配慮」が必要な社会と言える。中国では日本ほど周囲への配慮が求められないのが一般的で、それゆえ日本で暮らす中国人にとっては様々な場面に驚きが満ちているようだ。

 中国メディアの捜狐はこのほど、日本では誰もが自発的にルールを守る人びとの姿を見ることができ、中国人としては「日本人はなぜそこまで秩序を大切にするのか」という疑問を禁じ得ないと指摘する一方、日本人が秩序を守ろうとする背後には「他人に迷惑をかけない」という考え方があると伝えている。

 記事は、中国では「自分にトラブルが起きないよう配慮」するという考え方はあっても、日本人のように「他人に迷惑をかけない」という考え方はないと指摘。日本人の場合は「他人に迷惑をかけない以上、他人からも迷惑をかけられたくない」という考え方があると伝え、だからこそ日本人はルール違反に対する忍耐力が低いのだと論じた。

 続けて、日本人の「周囲への配慮」は中国人にとっては驚きに満ちていることを紹介し、たとえば友人の家に遊びに行くにしても「約束の時間より早くても、遅くても良くない」と指摘。なぜなら早く到着すれば、相手がまだ迎える準備ができていないかもしれないためだと主張。また、贈り物をするにしても、相手にとって適切か、相手にとって負担にならないかという配慮が求められると論じた。

 さらに記事は、日本では子どものうちから「他人に迷惑をかけない」という教育が行われ、他人を不快にさせたり、心配させたりすることは「他人に迷惑をかける」行為とみなされると指摘。訪日中国人の多くは日本の街がきれいで、日本人はどこでも列に並ぶといった表面的な事象に驚くが、その背後にはいずれも「他人に迷惑をかけない」という考え方があるのだと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)