これは受け付けない! 中国人の目に「奇異に映る日本の習慣」とは=中国メディア

これは受け付けない! 中国人の目に「奇異に映る日本の習慣」とは=中国メディア

中国メディアは、日本独自の習慣として「生卵を食べる」「冬でも女性はミニスカート」「白塗りの舞妓さん」「温泉」「ラーメンを音を出してすする」をあげたが、この中で中国人が受け付けられないのは・・・(イメージ写真提供:123RF)

 かつて日本は、多くの文化を中国から学び、取り入れてきたため、両国の文化は比較的近いといわれるが、それでも日本には中国人からすると奇異に映る習慣があるようだ。中国メディアの快資訊は28日、中国人が「おかしいと思う日本の習慣5選」を紹介する記事を掲載した。そのうちの1つについては受け付けられないとしている。

 まずは「生卵」を食べる習慣だ。これは衛生管理が徹底している日本ならではの習慣であるため、中国人でなくてもチャレンジする気にはならないかもしれない。しかし、記事の中国人筆者は、「自分はむしろ試してみたい」と興味を示している。2つ目は、「冬でも女性はミニスカート」であること。記事はその理由について、子どものころから心身を鍛えていることと、日本では公共の場所に暖房が完備されているためだとしている。中国人からすると、関節炎になりそうだというイメージがあり、理解に苦しむようだ。

 3つ目は白塗りの「舞妓さん」、4つ目には「温泉」で、最後に日本人は普段は静かなのに「ラーメンだけは音を出してすする」と紹介した。日本には温泉が多く、一部には混浴も残っているほか、水着を着て入る温泉プール、露天風呂、変わりダネの温泉などいろいろな温泉がある。記事は、数年前に神奈川県で開催された「ラーメン風呂」の写真を掲載しており、楽しそうな雰囲気が伝わってくるが、筆者は「みんなでひとつの湯船に浸かるのはちょっと受け付けない」と引き気味の様子だ。

 日本人にとっては当たり前の習慣でも、外国人からすると変わった習慣に感じるものがあるようだ。しかし、これらはいずれも異文化コミュニケーションと言え、異なる文化をより深く知るためにも、ぜひ訪日中国人たちにも試してもらいたいものである。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)