世界一と言われる日本の鉄道 リアルな日本人を見られるが、ボヤっとしていると迷子になる=中国メディア

世界一と言われる日本の鉄道 リアルな日本人を見られるが、ボヤっとしていると迷子になる=中国メディア

日本の国土に網の目のように張り巡らされた鉄道。日本を訪れる中国人観光客の中には、複雑な鉄道路線を体験したいがためにやってくる人もいるという。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は30日、「世界でもっとも発達している日本の地下鉄、ぼんやりしていると知らないうちに迷ってしまう」とする記事を掲載した。

 記事は、「日本は不思議な国で、小さな島にかくもたくさんの人が住んでいる。しかも、効率がよい便利な生活を送っているのだ。日本の地下鉄や鉄道はとても混雑しているというイメージがあるだろう。しかし、そうであっても、多くの中国人が日本の地下鉄や鉄道にそこはかとない興味を持っており、日本で電車に乗ろうとするのである」とした。

 そのうえで、「日本の地下鉄や鉄道は日本の国土に網の目のように張り巡らされており、各都市を密接につないでいる。そして、駅にやってくれば数分待つだけで、場合によって待つことなく遠い距離まで移動することができる。多くの人が日本の鉄道を好むのは、鉄道が人びとの時間を大切にしてくれ、迅速に目的地まで連れて行ってくれるからだ」と説明している。

 また、日本の鉄道には細やかな配慮が施されており、女性専用者や車いす用の通路などが備わっていると紹介。「電車に乗るたびに人波に揉まれたりすし詰めになったりするが、それも旅行者にとっては温かみや興味を感じる付随物になるのだ」とした。

 さらに、日本を訪れる観光客の中には、複雑な鉄道路線を体験したいがためにやってくる人もいると指摘。「路線が非常に多く、空間が限られていることから、日本の駅構内には多すぎるほどの分かれ道が存在する。ぼやっとしていると、自分がどこにいるのか分からなくしまうかもしれないのだ」と伝えた。

 記事は最後に「世界で最もストレスが大きいと言われる日本の鉄道では、生活のため、家庭のため、夢のために奔走する日本人を数多く見ることができる。現在の日本人のリアルな生活の一幕が垣間見えるのだ」と結んでいる。

 確かに、東京の地下鉄などは、普段から乗り慣れている人であればどうということはないが、慣れていない人や外国人観光客にとってみれば難攻不落の要塞のように感じることだろう。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)