日本で地下鉄を利用するなら「油断するな」、さもないと迷子に=中国メディア

日本で地下鉄を利用するなら「油断するな」、さもないと迷子に=中国メディア

中国の北京、上海、広東などの大都市の地下鉄は非常に発達しているが、日本の地下鉄は中国の地下鉄とは異なり、中国人にとって「新しい世界」だと感じるという。(イメージ写真提供:123RF)

 中国の大都市の交通網は非常に発達し、路線バスに加えて地下鉄なども多くの人の移動手段となっているが、中国人から見ても日本の地下鉄は非常に発達していて、複雑に感じられるようだ。中国メディアの快資訊はこのほど、「日本の地下鉄は世界で最も発達しており、慣れない人は迷子になるほど」と紹介する記事を掲載した。

 中国の北京、上海、広東などの大都市の地下鉄は非常に発達しており、記事は「利用客も多く、まるで世界の人びとを一度に目にしたかの様に感じるほど」の混雑を見せていると紹介。しかし、日本の地下鉄は中国の地下鉄とは異なり、そこは「新しい世界」だと指摘した。

 中国人から見て日本の地下鉄は独特に感じられる部分もあるようだ。たとえば「大勢の人が数珠つなぎに連なってスムーズに流れて移動している」ことだ。人の多さで言えば中国の地下鉄の圧勝だが、日本の狭い構内のなかでも混乱が起きずに利用客たちが思い思いの目的地へ向かって流れて行くさまは新鮮な光景に映るようだ。

 記事は、地下鉄の利用客の流れをスムーズにしている要因として、「細かな所にも利用者に配慮する設計がされている」ことや、「それぞれの分岐に分かりやすくシンプルな表記が提示されている」ので、人で混雑はしているものの、「温かみのある」印象を受けるとしている。もし、訪日する機会があるなら日本の地下鉄に挑戦してみるように勧めているが、「もし、少しでも油断すると迷子になってしまい、自分が何処に向かっているのかも見失ってしまうだろう」と注意を喚起した。

 記事は、日本の地下鉄の空間のなかでは様々な人間模様が凝縮されているので、ストレスの多い日本人の生活の様子を観察することができ、「世界で最も孤独な地下鉄と感じる」と主張しているが、確かに移動手段として生活の一部となっている地下鉄では乗客の素の姿が見られるだけに、中国人にとっては興味深い体験となるかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)