中国人が雑然と貪るように食べるカニ、日本ではこんなに優雅に食べるなんて!=中国メディア

中国人が雑然と貪るように食べるカニ、日本ではこんなに優雅に食べるなんて!=中国メディア

カニの料理を食べる時は、殻から身を外しながら黙々と食べることが多い。中国メディアは、日本で優雅にカニを食べられる料理を発見したという記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 家族や友人と食事をするときは、会話を楽しみながらおいしい食事に舌鼓を打つことが多いだろう。しかし、カニを食べる時だけは特別だ。殻から身を外すのに夢中になって、誰もしゃべらなくなるからだ。
 
 中国メディア・東方網は5日、「日本の5つ星シェフが作るカニの料理を見て、初めて『カニを優雅に食べる』方法が分かった」とする記事を掲載した。中国でカニといえば、やはり上海ガニだろうが、日本人の好きなタラバガニや松葉ガニなどに比べて体が小さい。日本のカニ以上に、優雅に食べるのは難しいのかもしれない。

 記事は、「西洋人の正式な食卓にカニが出現することは多くない。なぜならカニには殻があり、食べる姿があまり優雅でないからだ」と紹介したうえで、日本の5つ星シェフがこの問題を解決し、「カニの優雅な食べ方」を教えてくれるとした。

 その作り方は、まず新鮮なカニを用意し、水できれいに洗った後でお湯の入った鍋に入れて茹でる。茹で上がったら、肉を取り出してほぐす。そして、カニの甲羅をデザインした器を用意し、そこにほぐした肉を敷く。そのうえにカニ味噌、マツタケ、トリュフなどを混ぜたソースをたっぷりと塗り、さらに切ったチーズを乗せてオーブンで焼くのだ。

 記事は、「焼けるとチーズがとろけ、中のカニ肉、ソースと一体化する。これでできあがりだ。とろけたチーズの下からカニ肉がお目見えするという見た目が素晴らしいうえ、実に優雅な味わいを堪能することができるのだ」と紹介。一方で「このような料理を出してくれるレストランは、値段もとても高い。十分なお金を持っていればこそ、優雅に食べることができるのだ」とした。

 紹介したのはカニ身とカニ味噌をふんだんに用いた高級なカニグラタンだ。その味は間違いなくおいしいはずだが、その一方でカニはやっぱり豪快に、貪るように食べるのが一番おいしいという気もする。なお、カニというと冬の味覚というイメージがあるが、ワタリガニのオスは夏場が旬で甘みと旨味が強くなるという。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)