車に詳しくない消費者は日系車を選ぶ、そして車を知っている消費者も日系車を選ぶ=中国メディア

車に詳しくない消費者は日系車を選ぶ、そして車を知っている消費者も日系車を選ぶ=中国メディア

日系車は中国市場において「経済的で故障しにくい」という評判を確立し、自動車に詳しくない消費者は日系車を選び、自動車をよく知っている消費者も日系車を選んでいるという。(イメージ写真提供:123RF)

 中国では歴史問題などを理由に日本に対して否定的な感情を抱く人が少なからず存在するが、日本製品を愛用する消費者は数多く存在し、自動車市場では日系車の人気も高い。

 中国メディアの快資訊はこのほど、日系車は中国市場において「経済的で故障しにくい」という評判を確立していると紹介しつつ、「自動車に詳しくない消費者は日系車を選び、自動車をよく知っている消費者も日系車を選んでいる」と伝える記事を掲載した。

 近年の中国では自動車を所有することがステータスの1つとみなされることもあり、多くの消費者が自動車に興味を持つようになっている。だが、記事は「各消費者がそれぞれ好き勝手なことを言っているが、中国では本当の意味で自動車に詳しい消費者は多くはない」とし、多くの消費者が根拠のないクチコミに踊らされる傾向が見られると指摘した。

 一方で、根拠のないクチコミが溢れるなかで、日系車の故障率の低さや安全性能の高さは「間違いのない真実」であると主張。特に中国のネット上などでは「日系車はボディの鋼板が薄く、安全性に劣る」といった根拠のない主張が数多く見られることを紹介する一方で、日系車の安全性能は世界の自動車アセスメントで証明されていると強調した。

 また、ブランド力や乗車体験といった要素では日系車はドイツ車に負けていると主張する一方で、実用性という点で日系車の実力は群を抜いているとし、だからこそ「自動車に詳しくない消費者は日系車を選び、自動車をよく知っている消費者も日系車を選んでいる」のだと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)