子どもを連れて旅行するなら「絶対に日本がオススメ」の理由=中国メディア

子どもを連れて旅行するなら「絶対に日本がオススメ」の理由=中国メディア

子連れで日本に来たのは5回目になるという中国人は、旅行が好きで、それまでは中国雲南省やタイ旅行を勧めてきたが、最近では日本を推しているそうだ。日本は子どもを連れていても安心して旅行が楽しめるとして、その理由を3つ紹介している。(イメージ写真提供:123RF)

 中国人に人気の日本旅行。その人気は収まる気配を見せず、むしろますます加熱しているようだ。そんな日本旅行は、子どもを連れて旅行するのにも魅力的だという。中国メディアの快資訊は7日、子どものいる旅行好きの中国人筆者が、子連れの旅行先として日本を勧める記事を掲載した。

 最近、北海道旅行へ行ったという記事の中国人筆者。クルーズ船での旅行を含めると子連れで日本に来たのは5回目になるというから、よほど日本が気に入ったのだろう。旅行が好きで、それまでは中国雲南省やタイ旅行を勧めてきたが、最近では新しいルートとして日本を推しているそうだ。日本は子どもを連れていても安心して旅行が楽しめるとして、その理由を3つ紹介している。

 まず1つ目は「近さ」だ。北京から東京まで3時間という近さで、広大な国土をもつ中国からすると、国内旅行でもそれ以上の時間がかかるところもあり、日本との距離は近く感じるようだ。子どもがいたら移動に時間がかかるのは避けたいところだろう。2つ目の魅力としては、日本は「どこも設備が整っていてきれい」だと紹介。どの駅にもエレベーターがあり、公共のトイレにはベビーチェアが設置されていて、階段にはスロープがあると感心。それに、どのレストランもとてもきれいで、子どもがいても安心して利用できると母親の視点から称賛している。

 そして最後には、「景色がきれいでどの季節も親子で楽しめる」と紹介した。四季がはっきりしている日本は、春は花見、夏は花火、秋は紅葉、冬はスキーといったように、季節ごとに親子で楽しめるイベントがあり、リピートしても飽きないのが特徴だ。また、日本には子どもも大人も楽しめるテーマパークや遊園地もある。京都や奈良をはじめ、都市ごとに違った景色、食べ物があるのも魅力だという。

 記事が指摘しているように、日本には小さな子どもにも配慮した設備が多くあることは、中国とは大きく異なっていると言えるだろう。この点、中国国内の旅行では子連れの親は不便を強いられることが多い。こうした細部にわたる気配りができる日本は、子連れで旅行するのに適している国であり、今後も訪日旅行客はますます増えていくに違いない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)