日本の優れた点を学ぶことの何が悪いんだ? 対日感情に変化の兆し?=中国メディア

日本の優れた点を学ぶことの何が悪いんだ? 対日感情に変化の兆し?=中国メディア

中国ではこれまで、歴史的背景から日本に好意的な感情を持てない中国人が多く、日本に旅行する同胞たちを「愛国心が欠如している」と批判する人も少なからず存在した。(イメージ写真提供:123RF)

 訪日中国人客の数が伸び続けるなか、中国人たちの日本に対する考え方や感情に変化の兆しが見えるという。中国メディアの快資訊は6日、日本に旅行する中国人旅行客に対する「中国国内の声が変化してきた」と指摘する記事を掲載した。

 中国ではこれまで、歴史的背景から日本に好意的な感情を持てない中国人が多く、日本に旅行する同胞たちを「愛国心が欠如している」と批判する人も少なからず存在した。

 しかし記事は、中国のネットユーザーたちは最近「中国と比較すると、日本には確かに優れたところがある」と認め、ネット上では「日本の優れた点を学ぶことの何が間違っているのか」など、訪日旅行に対して肯定的な声が増加していることを指摘した。

 また、日本を訪れる中国人旅行客にまつわるトラブルに対しても、ネットユーザー達たちはかつてと異なる反応を見せていると主張。その一例として、日本の飲食店で中国人旅行客がマナーの悪さから「こんなに食べ散らかされたことは今まで無く、もう手に負えない。代金は要らないから、帰ってもらえないか」と退店を要求された出来事を挙げ、中国ネット上では「日本人はとても礼儀正しく、キレイ好きだ」、「日本ではまるで神様になったようなサービスを受けられる、世界一の国だ」など、日本を評価する意見が多く寄せられ、退店を要求された中国人のマナーが悪かったという声があがったことを指摘した。

 そして、日本に対して批判的なコメントをする中国人に対して、「日本に行かないことが愛国心なのではなく、国を強くしたいのなら他国の優れた点を学ぶべきだ」、「他国を批判するより先に国内の問題を探すべきだ」と指摘した。中国では経済発展と共に人びとの考え方が変化し、日本に対する感情についても冷静で客観的に見る人が増加しているようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)