日本は核兵器を「保有こそしていない」が、「製造技術は掌握しているはずだ」=中国

日本は核兵器を「保有こそしていない」が、「製造技術は掌握しているはずだ」=中国

日本は世界で唯一の被爆国であり、安倍首相は6日に行われた平和記念式典で、「核兵器のない世界と恒久平和の実現に向けて力を尽くすことを誓う」と話したが、中国では日本の核兵器開発に警戒すべきという声が根強く存在するという。(イメージ写真提供:123RF)

 73年目の終戦記念日を迎えた。毎年8月になるとテレビやニュースで戦争について取り上げられる機会が増え、平和のありがたさについて思いを馳せた人も多いだろう。一方、世界では今なお各種兵器の開発が行われており、米国や中国などは今も核兵器を保有し続けている。

 日本は世界で唯一の被爆国であり、安倍首相は6日に行われた平和記念式典で、「核兵器のない世界と恒久平和の実現に向けて力を尽くすことを誓う」と話したが、中国では日本の核兵器開発に警戒すべきという声が根強く存在する。

 中国メディアの百家号は13日、日本は原子爆弾が投下された経験から、国民の核開発に反対する声は根強く存在すると紹介する一方、原子力発電所を各地に建設し、運用してきたと主張し、「日本は核兵器を保有してはいないが、その製造技術は掌握している」と主張する記事を掲載した。

 続けて記事は、世界の核兵器は現在、ウラン型とプルトニウム型の2種類が主流となっており、日本はすでに原子力発電に関連した施設で濃縮ウランを製造することができる技術は持っていると紹介。さらに、日本は大量のプルトニウムも保有していると伝え、その量は核保有国である英国やフランスよりも多いと指摘した。

 結論として、日本は核兵器を製造するための技術や資金、そして材料までも保有していると主張し、「世界は日本が核武装しないかどうかを懸念している」と主張した。日本に大量のプルトニウムが存在するのは事実だが、それで核弾頭に搭載できる核兵器は作れないという意見も存在する。いずれにせよ、日本が核兵器を保有する可能性に怯えるのは杞憂と言えるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)