エゴな飼い主が多すぎる! 日本における犬の飼育マナーに、中国人が学ぶべきこと=中国メディア

エゴな飼い主が多すぎる! 日本における犬の飼育マナーに、中国人が学ぶべきこと=中国メディア

近ごろ中国のネット上では、繋がれていないイヌや野良イヌをイソニアジドという薬品で駆除しようという文章が注目され、議論を呼んだという。そこで、中国メディアは、日本のペット事情を紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・新華毎日電訊は17日、「日本の文明的なイヌの飼育が与える啓示」とする記事を掲載した。

 記事は「仕事の都合により日本で10年近く生活したが、東京の街を散歩していても、繋がれていないイヌに出くわしてドキドキしたことはなかった。町内では繋がれていないイヌがそこらで遊んでいるのはおろか、野良犬が住み着いているのをほとんど見かけなかった。そして、道路にイヌの糞が落ちているのも見なかった」と紹介した。

 そのうえで、「これは日本の社会がすでに良好なイヌ飼育の文明を持っていて、充実した法律法規によって飼育が厳しく管理され、飼い主も自覚的にルールを守っていることによるものなのだ。例えば、東京都の動物愛護・管理条例では、犬を鎖などでつないでおかないと30日以下の拘留もしくは1万円以下の罰金に処される可能性があるのだ」としている。

 そして、日本ではイヌを飼うにあたり「他人に迷惑を掛けない」というのが基本的な共通認識になっていると指摘。散歩をする飼い主はトイレットペーパーや水入りのボトルを携行し、イヌが出した糞を回収したり、尿を流したりする鄒間が身についていると伝えた。

 また、日本では好き勝手にイヌを飼ったり捨てたりすることができず、飼育自体を禁止している住宅エリアもあるとしたほか、万一イヌが失踪した場合はルールに沿って手続きをする必要があるほか、途中で他人を傷つけた場合は飼い主が一切の責任を負わなければならないと紹介している。

 記事はさらに、日本では約60年に渡って狂犬病が発生していないことにも言及。その大きな要因が登録制度と予防接種の制度にあるとし、1950年に狂犬病予防法が制定されると、わずか7年の間にそれまで多発していた狂犬病が撲滅されたとした。

 近ごろ中国のネット上では、繋がれていないイヌや野良イヌをイソニアジドという薬品で駆除しようという文章が注目され、議論を呼んだという。記事によれば、議論は薬品使用の賛成派と反対派に分かれており、賛成派の意見の背景には、イヌの飼い主の自覚不足や無責任さがあるとのことだ。

 飼いたいから飼って、飼えなくなったから捨てて、危ないから薬で駆除する、というのは、あまりにも人間のエゴがひどすぎる。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)