過酷と言われる日本の職場は実際どうなの? 外国人社員が語った「本音」=中国メディア

過酷と言われる日本の職場は実際どうなの? 外国人社員が語った「本音」=中国メディア

日本での就業は窮屈で馴染めないと感じる外国人は少なくないようだ。「日本企業での仕事は最もまずい選択の1つかもしれない」という外国人の意見は・・・(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は17日、日本の会社で働いたことのある外国人が語る、日本の会社における社員への待遇について紹介する記事を掲載した。

 記事は、近ごろネット上である外国人が「日本企業における従業員への待遇は本当に厳しいのか」という質問したところ、日本の会社で働いた経験があるという外国人から「Yes」との回答があったと紹介した。この外国人は「自分の経験と友人から聞いた話を総合して、日本企業での仕事は最もまずい選択の1つかもしれないとの結論に至った」としている。

 その原因について「まず、オフィスの愚かなルールだ。例えば、オフィス内で携帯電話をいじってはいけない。そして、オフィスで他の社員に会ったときは必ずあいさつをする。他の社員がすでに退社あるいは外出している場合、かかってきた電話に対応しなければならない。たとえ自分の仕事と全く関係がなくてもだ。それゆえ、毎日自分の仕事に集中することができない」と説明した。

 また、日本の会社内では「いじめ」も多いと指摘。「上司からターゲットにされると、他人の面前で自分のバックグラウンドやユニークな考え方を大声で否定、批判される。また、他の社員からもコッソリと、非常に賢い方法で邪魔をされる。日本の仕事環境では、自己を出してはいけない。一たび自分の考えをはっきりと言おうものなら、ボスや同僚は黙らせようとするようになる」としている。

 さらに、日本にはフレキシブルに仕事をする環境が整っていないとし、「電車やバスの遅延があっても、始業時刻の午前9時以降にオフィスに到着することは許されない。そして、多くの会社では早退や在宅ワークが許されない。病気をする権利すらなく、風邪を引いて仕事ができない場合は有給休暇を消費させらえる。そもそも病欠の制度がないのだ」と論じた。

 この外国人は特に日本の会社の慣例やルールになじめなかったようである。現在、多くの企業でフレキシブルな出勤制度やユニークな休暇制度を導入し始めている日本の会社事情だが、外国人社員にとってはまだまだ働きにくい点がたくさんあるのかもしれない。日本式のルールを全て「愚か」の一言で片づけるのはあまりにも乱暴だが、外国人からみた客観的な意見も参考にしつつ、合理的なものとそうでないものを仕分けする必要はありそうだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)