中国人は不動産に振り回されすぎ! 割安で買える日本人が羨ましい=中国メディア

中国人は不動産に振り回されすぎ! 割安で買える日本人が羨ましい=中国メディア

現在の中国では上海や北京のような大都市のみならず、中小規模の地方都市であっても住宅の価格が高騰している。中国メディアは、国土が狭く人口密度も高い日本の方が、不動産は割安で購入できると指摘した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国では都市部を中心に住宅の価格が高騰している。都市部に人口が集中し、高層マンションが次々に建設されているが、投資目的に住宅を購入する人も多いため、価格が高騰し、本当に必要な人が容易に手を出せない水準となってしまった。

 中国メディアの快資訊はこのほど、「国土が狭く人口密度が高い日本の住宅は中国よりも割高なのか」と疑問を投げかける記事を掲載し、真相を知っても中国人はなかなか信じられないだろうと紹介している。

 現在の中国では上海や北京のような大都市のみならず、中小規模の地方都市であっても住宅の価格が高騰している。記事は「中国より国土が狭く、人口密度も高い日本だが、不動産事情を考えると割安」であるとし、大都市でなければ人民元で300万元(約4800万円)もあれば土地を購入し、その土地に家を建てることができると指摘した。

  一方、中国の住宅は、マンションの一室を購入したとしても内装工事はなされておらず、追加で工事をしていかなくてはならない。また、地方都市ですら1平米あたり約6万元(約100万円)もするマンションが多く、とても一般の給与所得者では手が出ない水準になっている。

 近年中国人が日本の不動産を購入しているニュースも耳にするが、中国人からしたら日本の住宅は非常に安いと感じるのも無理はない。しかも日本では土地を買えば所有権を手にすることができ、一定期間の使用権しか手に入らない中国とは大違いだ。記事は「中国人は不動産に振り回されすぎている」と伝えつつ、相対的に安い価格で家を購入できる日本が羨ましいと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)