一部の中国人が日本の温泉をなかなか試そうとしない大きな理由=中国メディア

一部の中国人が日本の温泉をなかなか試そうとしない大きな理由=中国メディア

日本にはたくさんの温泉やその関連施設がありながら、それに見合うだけの中国人観光客を呼び込めていないのはなぜなのか? 中国メディアが考察した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は21日、「日本には3000カ所近い温泉があるにもかかわらず、どうしてもっと多くの中国人観光客がやってこないのか」とする記事を掲載した。

 記事は「現在、多くの中国人が国外旅行に出かけるが、中でも日本は人気のある旅行先だ。日本にはアニメ、豊富な祭りの文化、そして精緻な料理などがあり、いずれも多くの人を引き寄せる魅力を持っている。更に、温泉も日本の大きな特色の1つであり、多くの日本人が温泉旅館でくつろぐことを愛している。日本には温泉でだけで3000カ所、温泉旅館となると8万件もあるというから、温泉業界は非常に発達していると言えるだろう」と紹介した。

 しかし一方で、これほどたくさんの温泉やその関連施設がありながら、それに見合うだけの中国人観光客を呼び込めていないと指摘。その理由について分析している。

 記事によれば、中国の人びとは日本人が考えているよりも「みんなで裸で温泉に入る」ことに対して強い抵抗を持っているようだ。記事は「日本人が温泉に入る際には水着はおろかタオルも身に着けず、全裸となる。これには中国の若い女性は『そんなことできない』と叫んで恥ずかしがり、敬遠するのだ」とした。

 また、「みんなで裸になるのが嫌であれば、個別の温泉がある部屋に宿泊すればいいじゃないか」とする人がいるが、そのような部屋は非常に値段が高いのであると指摘。日本人が裸で温泉に入るのは、タオルや水着によって温泉が汚れるのを防ぐためというれっきとした理由があるものの、比較的保守的な思想を持つ中国人があまりに日本の温泉に入りたがらない要因はまさにここにあると伝えている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)