エスカレーターで周りの日本人から「冷たい視線」、旅行前には下調べが大切=中国

エスカレーターで周りの日本人から「冷たい視線」、旅行前には下調べが大切=中国

中国メディアは、中国人女性が大阪を旅行で訪れた時、エスカレーターに何の疑いや迷いもなく乗ったところ、周りの日本人からの「冷たい視線」を感じたというエピソードを紹介した。(イメージ写真提供:123RF)

 近年、多くの中国人が海外旅行を楽しむようになってきており、旅行がブームとなっている。国土の広い中国では国内でも様々な文化や生活習慣の違いを感じることができるが、海外ではさらに異なっており、時に恥ずかしい思いをすることがあるようだ。

 中国メディアの快資訊は22日、「日本のエスカレーターでの出来事」という記事を掲載し、中国人女性が日本を旅行で訪れた際に起きた出来事について紹介した。世界各国には様々な文化や習慣があるため、旅行へ出掛ける前に下調べをしておかないと、「恥ずかしい思いをすることがある」と伝えている。

 この女性は、大阪を旅行で訪れたようで、エスカレーターに何の疑いや迷いもなく乗ったところ、周りの日本人からの「冷たい視線」を感じたという。不思議に思った女性がガイドに尋ねたところ、「日本ではエスカレーターに乗るときにはルールがある」ことを教えられたようだ。

 そのルールとは、どんなに急いでいたとしても列に並んでエスカレーターに乗る必要があることや、片側に寄って乗る必要があるということだ。エスカレーターの片側に寄って乗ることについては様々な意見があるが、その土地ならではの規則や慣例はどこの国や地域にもあることだろう。

 外国人が日本に興味を持ち訪れてくれていることは喜ばしいことだが、旅行で他国を訪れる際には、ある程度その土地についての情報を調べておけば恥ずかしい思いをすることを避けることができるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)