中国人が「日本の公共バスのサービスの質に感銘」を受ける理由=中国メディア

中国人が「日本の公共バスのサービスの質に感銘」を受ける理由=中国メディア

中国メディアは、日本の公共バスのサービスに感動するとした。中国のバスの座席はプラスチック製であるため固いうえ、冬は冷たく、夏は熱く感じられるが、日本の公共バスの座席はふかふかで非常に柔らかく、座り心地が良いと強調した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本を旅行で訪れる中国人はかつては団体ツアーが中心だったが、近年は個人旅行ビザで訪日する人も増えつつある。個人ビザであれば日本滞在中に新幹線や地下鉄で自由に移動することができ、旅程も自由に決めることができるとあって人気を集めている。

 中国メディアの快資訊はこのほど、日本を訪れた中国人が地下鉄や電車で移動するケースは多いが、「公共バスを利用したことのある人はきっと少数派」だと指摘する一方、「バスに乗ったことのある人ならば日本の公共バスのサービスの質に感銘を受け、さまざまな気配りに感動したはずだ」と論じる記事を掲載した。

 記事は、日本の公共バスは外見こそ「普通」だとしながらも「車内はまったくもって普通ではない」と指摘。中国のバスの座席はプラスチック製であるため固いうえ、冬は冷たく、夏は熱く感じられるが、日本の公共バスの座席はふかふかで非常に柔らかく、座り心地が良いと強調した。

 さらに日本のバスはエアコンが完備されていて快適だとしたほか、体が不自由な人のための優先席もしっかり完備されていて、しかも乗降しやすいようバスの車体が傾くといった配慮があるバスも存在すると紹介。また、バスの運転手の真面目さ、仕事への取り組み方も称賛すべきだとし、早朝であろうが深夜であろうが「運転手のサービスは非の打ち所がなく、どれだけ疲れていても、それが運転の質に影響を及ぼすことはない」と論じた。

 中国の地方都市では公共バスであっても運転手が携帯電話で話をしていたり、タバコを吸っていたりすることがある。こうした環境が普通であるならば、日本のバスのサービスに感銘を受けるのも頷ける話だと言える。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)