新幹線の運行面におけるクオリティは世界最高「日中の差はまだ大きい」=中国

新幹線の運行面におけるクオリティは世界最高「日中の差はまだ大きい」=中国

中国メディアは、新幹線の運行面におけるクオリティは世界最高であると伝え、その理由について考察している。(イメージ写真提供:123RF)

 新幹線は1964年に開業した世界初の高速鉄道だ。現在は世界に複数の高速鉄道システムが存在するが、運行時間の正確さや安全性の高さは世界に誇るべき新幹線の強みと言えるだろう。

 新幹線と中国高速鉄道は海外への輸出という点で競合関係にある。中国では「中国高速鉄道の方が新幹線より優れている」という論調も少なからず存在するが、中国メディアの今日頭条はこのほど、新幹線の運行面におけるクオリティは世界最高であると伝え、その理由について考察している。

 中国高速鉄道の営業距離はすでに世界一となっているが、記事は「技術力の細かい部分を見ると、やはり、新幹線の方が中国高速鉄道を上回っている」と指摘。中国高速鉄道は建設コストが新幹線より安価ではあるものの、制御に関する技術や研究開発能力という点では「中国はまだ模倣と学習の段階にある」とし、高速鉄道の技術力では日中の差は依然として大きいのが現状だと指摘した。

 さらに、新幹線と中国高速鉄道の差は主に「車両」、「運行管理」、「災害対応」の3点にあると主張。また、中国では高速鉄道の営業速度の速さを理由に、中国高速鉄道の技術力の高さを主張しているが、新幹線は「速度ではなく、安全性を最重視している」と指摘し、新幹線はもっと速く走行することは可能だが、災害時に事故を起こさないよう安全性が担保できる速度で運行しているのだと論じた。

 中国は高速鉄道を初めて開業してから極めて短期間で世界最長の高速鉄道網を構築した。また中国高速鉄道は走行時の揺れも少なく、比較的快適な乗車体験を提供している。近年は大きな事故を起こしていないが、2008年に起きた衝突事故で大勢の乗客が犠牲になったことは未だ記憶に新しく、開業から50年以上にわたって深刻な事故を起こしていない新幹線の方がやはり優れていると言えるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)