日本を訪れてカプセルホテルに宿泊しないのは「人生の損」だ=中国メディア

日本を訪れてカプセルホテルに宿泊しないのは「人生の損」だ=中国メディア

中国メディアは、中国ではなかなか体験できないカプセルホテルについて「せっかく日本を訪れているなら、一度は体験しないと損だ」と伝えた。(イメージ写真提供:123RF)

 日本を訪れた中国人による爆買いは収まりつつあるようだが、同時に中国人の関心は「日本の文化や生活を体験すること」に移ってきているようだ。中国メディアの今日頭条は29日、「日本のカプセルホテルは非常にクールだ」と伝える記事を掲載し、日本を訪れてカプセルホテルに宿泊しないのは「人生の損」だと主張している。

 記事の中国人筆者はこれまで10回ほど日本を訪れているようだが、今回初めて「カプセルホテル」を利用したことを紹介。初めは「棺桶」のような見た目だとして気が進まなかったようだが、実際にカプセルホテルを体験してみたところ、「モグラ」になったような気分を味わえてとても新鮮であったと紹介している。

 続けて記事は、日本は小さな島国であるため、狭い土地を有効利用するためにカプセルホテルという独特の宿泊施設が誕生したのだと主張。また、カプセルホテルは非常に狭いが、空間が有効活用されていて意外に快適で、学生時代の共同生活を思い出したと紹介している。

 また、カプセルホテルはプライバシーが守られるよう設計がなされていたことは大きな驚きだったとしたほか、共同浴場やコインランドリー、自動販売機が設置してあって十分快適に過ごすことができたと指摘、中国ではなかなか体験できないカプセルホテルについて「せっかく日本を訪れているなら、一度は体験しないと損だ」と伝えた。

 中国にもカプセルホテルは存在するが、何事でも小さいものより大きいものが良しとされるためか、あまり普及していないのが現状だ。狭くても快適に過ごすことができるカプセルホテル。そこに様々な工夫やアイデアがあることを知るのは確かに有益と言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)