反日感情という不利な要素があっても日系車が売れるのはなぜか=中国メディア

反日感情という不利な要素があっても日系車が売れるのはなぜか=中国メディア

中国メディアは、中国人が日系車を購入するのは「日系車の燃費性能が高く、そして故障しないからだ」と指摘しつつ、日系車の尋常ではない信頼性が中国人消費者を惹きつけていると伝えた。(イメージ写真提供:123RF)

 歴史問題や領土をめぐる対立を理由に、日本に対して複雑な感情を抱く人が多い中国。日中関係が冷え込むと、自動車をはじめとする日本製品はしばしば中国で不買運動の槍玉に挙げられる。こうした不利な環境にありながらも、日系車が中国で大きなシェアを獲得しているのは、それだけ日系車の競争力が高いためと言えるだろう。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人が日系車を購入するのは「日系車の燃費性能が高く、そして故障しないからだ」と指摘しつつ、日系車の尋常ではない信頼性が中国人消費者を惹きつけていると論じる記事を掲載した。

 記事は、中国では日系車のほか、ドイツ車も安定性や信頼性の点で非常に高い評価を獲得していると指摘し、特に馬力の強さと走行性能の高さは素晴らしいと強調。一方で、走行距離が50万キロに満たない時点ではドイツ車には不満がないと主張しつつも、走行距離が長くなるほどドイツ車も故障が発生しやすくなると主張した。

 それに比べると日系車の耐久性の高さは群を抜いていると指摘し、日本はもともと天然資源に乏しい国という環境があったためか、車の燃費性能は非常に高いと主張。しかも耐久性が高いとあっては、中国人消費者も日系車を排斥するのは難しいと指摘し、中国人は日本に対して複雑な感情を抱いているものの、決して安くはない自動車を購入するにあたって、日系車には複雑な感情を上回るだけの魅力があることを強調した。

 中国はすでに世界最大の自動車市場であり、中国における販売成績が各メーカーの業績に大きな影響を及ぼすようになっている。日中関係が小康状態にある今、日系車の販売がさらに増加していくことを期待したいところだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)