日本で走っている車を見ると「自らの未熟さに気づき、恥ずかしくなる」=中国メディア

日本で走っている車を見ると「自らの未熟さに気づき、恥ずかしくなる」=中国メディア

中国人はどれだけ実用性が高くても、小さくて高級感に欠ける車では「メンツが立たない」と考えがちだ。(イメージ写真提供:123RF)

 中国人にとって自動車は、所有者の社会的地位や経済状況を外部に示すための重要なツールと見なされることが多い。また、メンツを大事にする中国人は乗っている自動車に対しても「メンツが立つか否か」という点を考えるため、より大きく、より高級に見える車を求める傾向が強い。

 また、中国人はどれだけ実用性が高くても、小さくて高級感に欠ける車では「メンツが立たない」と考えがちだ。中国ブランドの車も近年は販売を伸ばしているものの、「ドイツ車や日系車やメンツが立つが、中国車ではメンツが立たない」と考えている中国人は少なくない。

 先進国である日本では「どれだけ多くの高級車が街を走っているのか」と考える中国人は多いようだが、中国メディアの快資訊はこのほど、日本の街中で走っている車を見ると「消費概念の成熟ぶり」を実感し、中国人としては「自分たちの未熟さに恥ずかしさを覚える」と伝えている。

 記事は「日本の1人あたりGDPは中国を大きく上回っているため、日本では高級車がたくさん走っているのだろう」と考える中国人は少なくないと紹介。だが、現実は決してそうではないと指摘し、日本人が好む車は燃費が良く、小回りがきく実用性の高い車であり、高級という理由で無条件に売れる車はないと指摘した。

 さらに、日本で高級車をさほど見かけないとしても、それは日本人が高級車を好きではないからではなく、単純に「日本では高級車がもてはやされる時代はもう過ぎ去った」からだと主張。日本人の消費概念はすでに実用性を重視する方向へと成熟を遂げており、中国人の消費概念が未熟であることに気がつくと「恥ずかしさを覚える」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)