日本のサービスを体験すると「中国人は最初は困惑する」、だが「すぐに心地良さに気づく」=中国

日本のサービスを体験すると「中国人は最初は困惑する」、だが「すぐに心地良さに気づく」=中国

中国メディアは、中国の店員といえば仏頂面しているのが常であり、そのような態度で接してもらうより、日本のように笑顔で対応してもらう方が客としても気持ちが良いのは当然だと論じた。(イメージ写真提供:123RF)

 中国のスーパーや商業施設で買い物をすると、店員のぶっきらぼうな態度に驚くことがある。客が購入した商品を投げるように渡したり、どこか上の空の状態で全く愛想のない店員の態度は中国では特に珍しいものではない。

 都市部では社員教育の行き届いた商業施設や飲食店が増えているが、それでも中国人が日本を訪れると日本人店員のサービス意識の高さに驚くようだ。中国メディアの快資訊はこのほど、日本人の笑顔を絶やさず、しっかりと腰を曲げてお辞儀をするサービスに「感服せずにはいられない」と論じる記事を掲載した。

 記事は、「日本のサービスを初めて体験した中国人は最初は困惑する」ものの、まもなくその心地よさに気がつくと紹介。なぜなら中国の店員といえば仏頂面しているのが常であり、そのような態度で接してもらうより、笑顔で対応してもらう方が客としても気持ちが良いのは当然だと論じた。

 さらに、日本のサービスは「日本人の礼儀を体現したもの」であるとし、細部まで徹底的にこだわるサービスは非の打ち所がないと主張したほか、笑顔で対応してもらえば親しみやすさも感じると指摘し、接客に笑顔を持ち込んだ日本のサービスは素晴らしいと絶賛した。

 訪日中国人の爆買いはすでに沈静化しつつあると言われるが、多くの中国人にとっての訪日目的が「買い物」であるのは今も変わっていない。わざわざ訪日して買い物したいと願うのは、日本では海賊品や偽物をつかまされる心配がなく、しかも、心地よい接客のもとで気持ちよく買い物ができるためなのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)